2017.02.18
体験談

売れっ子キャバ嬢に聞いた!美人じゃなくても活躍できる子の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談 体験談

キャバ嬢は美人しかなれないのでは?というイメージから、キャバ嬢として働くことを諦めている方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、いざ入店してみると実は目を引くような美人ばかりではなく、ナンバー入りしている女の子でさえも特別美人とは限りません。

今回はキャバ嬢のYさん(葛飾区のキャバクラに3年ほど勤務)へのインタビューを元に、
「美人じゃなくても活躍しているキャバ嬢の特徴」をまとめました。

綺麗な女性の身だしなみに必需品アイテムはこちらを参考にしてくださいね♪

おすすめの人気ストレートヘアアイロンのランキング

①スタイルが良い

モデル体型やミニスカートが似合う美脚を持っているなど、スタイル抜群の女の子は美人でなくても活躍ができます。

しかし、すべてのお客様がスラリとした体形が好みとは限らず、背が低く全体的に小さい子やぽっちゃりなグラマラス体形の子、ほっそりしていて胸が小さい子が好きな方など、好みは本当に様々です。

その為、自分のスタイルで「ここは他の子が持っていない!」という部分があるとしたら、それが例え一般的にはマイナスだったとしても、恥ずかしがらずにアピールしてみましょう。

堂々としていれば必ず「好みだ」と言ってくれるお客様が現れます。

そして大事なのは、そのポイントを褒められたら否定せず、「ありがとう!」と笑顔で感謝をすることです。

その時の笑顔は、例え美人でなくても素敵なものになるでしょう。

②会話の「返し」がうまい

大抵のお客様は女の子と楽しくお酒を飲みたいと思ってお店に来ています。

普段は大人しくて無口な人や、会社で厳しい姿勢で仕事に取り組んでいる人などが息抜きとして来店したり、純粋に女の子と騒ぎたい、キャバ嬢を口説きたいなど、総合的にどちらかといえば皆さん「テンション高め」で来店します。

そこでキャバ嬢に求められるのは、「テンポのいい返し」です。

「話がうまい」というよりは、お客様への「返しがうまい」ということが大切です。

中には女の子の話を聞くのが好きというお客様もいますが、大抵のお客様は、女の子に自分の話を聞いて欲しいと思っています。

お客様が求める答えをパッと返すことができなかったり、お客様が言ったことに対して的外れな返しをしてしまうと、テンションがグーンと下がってしまう事があります。

お客様が求める「返し」で楽しい気分を盛り上げられると、延長や次の来店につながる事が多いため、美人じゃなくても活躍ができます。

③歌がうまい

NKJ52_karaokeutauonnanoko_TP_V
会話があまり得意じゃない、という子にも活躍できるポジションがあります。

それが「カラオケ」です。(カラオケがあるお店限定の条件になってしまいますが)

カラオケ好きのお客様だと、一緒にデュエットで歌ったり、自分の好きな歌を上手に歌えるキャバ嬢に歌ってもらいながら一緒に飲みたいと思う傾向があります。

しかし、ただ「歌がうまい」というだけではなく、「お客様が好きそうな歌を知っている」ということも重要な要素です。

さらにラブソングを歌う時、「あなたを想いながら歌っています」という雰囲気を出せれば、歌の世界で恋人になった気分になれて、お客様もウットリしてくれるかもしれません。

上記のように歌という特技でお客様を楽しませることができれば、美人じゃなくても活躍ができます。

④キャストやスタッフに好かれている

「同僚に好かれている」という事も、美人じゃなくても活躍したい場合には必要なことかもしれません。

例えば仲が良いキャバ嬢の指名客のヘルプに入り、その子が戻って来た際にそのまま追加で居させてもらえたり、そのお客様が友達を連れてきた際には指名で呼んでもらえたりなど、「バーター」的に活躍をする事ができます。

同僚の男性スタッフからの信頼が大きいキャバ嬢も同様です。

接客スキルが高い女の子は男性スタッフからの信頼があり、フリーのお客様やヘルプなどにつけてもらえるチャンスが多くなります。

お客様だけではなく、同僚からの信頼があり好かれているキャバ嬢は、美人じゃなくても活躍しています!

⑤「付き合えそう」と思わせるのがうまい

特別キレイでもない、会話も上手じゃないし友達も少ない…と、一見キャバ嬢に向いていないのでは?と思われる子でも、活躍できる方法があります。

それは、お客様に「この子、俺に気があるのかな?」と思わせる方法です。

しかしそれは嘘をついたり、思わせぶりな態度をとったり、ということではありません。(※それが上手な子も間違いなく活躍できますが…欠点として、嘘をつくのがしんどくなり長く働けずに飛ぶ傾向があります。)

お客様に自然とそう思わせる方法は、ただ誠実に、精いっぱい接客をする事です。

会話がはずまなくても、ドリンクを作る、お客様の話に相槌をうつなど、当たり前のことを丁寧にやる、ただそれだけです。

大切なのは、お客様の事を大切に思い、目を見て接客をする事です。

その気持ちはお客様にきっと届きます。

すると、かなりの確率でお客様も女の子のことを大事な存在に思い、「もしかしたらこの子と付き合えるかも…」と期待し始めます。

実は、美人じゃないほどそう思ってくれるように思います。

そうなったらあとは上手にあしらいながら、店に足を運んでもらってください。

おもてなしの気持ちがあれば、会話や歌が上手じゃなくても、顔やスタイルに自信がなくても、キャバ嬢として活躍できるでしょう。

まとめ

YUKAPAKU3246_TP_V
お客様の中にはもともと美人が苦手だという人もいますが、美人かそうでないかはキャバ嬢としては正直あまり関係ないと思います。

大事なのは「お客様に楽しんでもらいたい」という気持ちを持っているかそうでないかということです。

その気持ちさえ持っていれば、フツーの子でも美人さんと変わらない数の指名をもらえるはずです♪
(メン喰いのお客様ばかりでなければ…)

良かったら試してみてください!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加