2017.03.06
体験談

「某有名人からの裏引きが原因で系列店舗に移動!?」キャバ嬢のリアル体験談!りんさんのお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談 体験談

今回はりんさんの経験談を伺いました。

キャバクラに勤めていると、高級店であればある程著名人の方々がやってくる機会が多くあります。

そんなお金持ちの意方々はやはり、気に入った女の子がいるとお店を通さずにお金を直接渡してくれようとする事があるのだそうです。

当時お金が必要だったと言うりんさんは、その誘いに乗ってしまい…

ここからはりんさんにお話してもらいましょう!

突然の出会いからの本指名

Meno Istorija4
その方との出会いは突然、フリーで来たただのおじさんという印象でした。

名刺をもらって有名人だと知りました。

その人は現在も現役で有名人なので、ここでは名前をYさんと呼ばせてもらいます。

Yさんは著書も多数出版しておられ、私が文章にちょっと長けたものだから、共著を求めたりもしました。

本指名も続き、たくさんお店に通ってくれました。

些細な質問から現金を受け取る流れに…

ある日「何故ここで働いているの?」というYさんの質問に対して、特に意味もなく働いていた私は、内心めんどくさいなあと思いながら嘘の適当な目的を言いました。

「それでお金が必要なんだ?それなら用立てるよ」とYさんが多額の現金(シャネルのバッグが買えるくらい)を持って店の外で会うことになりました。

枕営業から基礎体温計まで

もちろん現金を受け取った後は、半強制的に枕営業(お客様とホテルに行って営業すること)付きでした。

枕営業でなくても喫茶店でお茶をしたり、遠方に旅行へ出かけたり、指輪を買ってもらったりもしました。

そんな風に過ごしていると、ある日Yさんから基礎体温計を渡されたのです。

それはどういう意味かと問うと、Yさんは妻帯者であるにも関わらず離婚はせず、私をお店から辞めさせて、自分のものにしたいという事でした。

連絡拒否からのストーカー行為

lgf01a201306040000
次から次へと出される要求に耐えられなくなった私は、Yさんからの連絡を一切受け取らなくなりました。
そもそも束縛を嫌う私です。

しかし私の家まで聞き出したYさんは、毎日ストーカーのように家のピンポンを押すのです。

著名人のサイン入りの物が送られて来たこともありました。

怒鳴り込み、そして系列店への移動

こっそりとではありますが、いつものように出勤をするとYさんが店に怒鳴り込んで来ました。

「◯◯の為にお金が必要だと聞いて、りんにお金を渡した。なのにりんは店を辞めない。何故だ?!」という言い分でした。

もちろん嘘をついた私も悪いです。

結局、その日はボーイさんから隠れるように言われ、店の奥に隠れていました。

後日、店長から「源氏名を変えて系列店で働きなさい」と言われ、店を移る事となりました。

まとめ

怕水的青蛙16
店を移るまではナンバーワンでしたが、新しい店ではのんびりやろうと思い、営業も今までの半分に減らしました。

嘘をついてなんぼの世界ですが、つくならもっと上手い嘘をつけば良かったなと思います。

全てのお客様に徹底したバレないような嘘を、もしくはこの世界が好きだから、などと言っておけば良かったです。

本当は嘘などつかない方が良いのですけれどね。

それと、どんなに太客(大金を落としてくれるお客様)でも、家は絶対に教えない方がいいです。

物騒な世の中ですから、何が起こるか分からないですからね。

◎りんさんのプロフィール
1,勤務エリア : 新宿→池袋(移動後)
2,当時の年齢 : 24才
3,当時の時給 : 5,000円(移動前)

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加