2017.02.10
面接

キャバクラの面接・体験入店で【お店側に見られているポイント】まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
面接 面接

キャバクラの面接というと、「簡単そう」や「楽そう」など、それ程重要視されていないイメージを持たれがちです。

しかし実際は、面接で落ちてしまい体験入店すらも出来なかったというケースが意外と多くあるのが現状です。

その対策として、どのような基準で面接を行うのか、重要視されるポイントとはどこなのかをしっかりと把握した上で面接に臨む必要があります。

お店側がキャバクラの面接時に見るポイント

YOTAKA85_iitaikoto15125225_TP_V

①基本情報

先ず一番初めに見るポイントはその子の基本情報(履歴書、経験の有無、出勤可能日数など)です。

キャバクラで働いた経験があり、出勤可能日数も多い場合は即戦力として期待できると共に、店長の中での採用バロメーターも上がる傾向にあります。

一方、未経験の場合は、お店側の「求人の度合い」によって左右される場合が多いです。

  • 本当に人がいない為すぐにでも働ける女の子が欲しい!→未経験大歓迎
  • 人は頑張れば何とかなるけど可愛くて指名が付きそうな子がいたら採用したい→未経験可

といったように同じ「未経験OK」でも細かい意味合いが異なる場合がある為、注意が必要です。

②容姿、雰囲気、清潔感

やはりキャバクラという場所柄、容姿は優れているに越したことはありません。

ドレス着用の為、「〇kg以下のみ」と採用基準に体重が含まれているお店も珍しくなく、キャバクラの世界では細い事がスタンダードでありステータスとも言えます。

また、夜ウケあるいはお店のコンセプトに合った雰囲気であるかどうかも重要なポイントと言えます。

応募する際にお店のホームページ等で確認してみると良いかもしれませんね。

③一般常識の有無

夜の世界は「可愛ければ何でも大丈夫」というイメージがあるかもしれませんが、実際はマナーが非常に大切な世界です。

一つの失言、失態でお客様の気分を害してしまいかねません。

女の子間のやり取りも然りで、特に新人のうちは特に気を配る必要があるでしょう。

その為、面接時に普通の会話をしながら、受け答えの言葉遣いや態度、姿勢などをよく見ている店長が多いのだそうです。

※履歴書を見ているフリをしてチェックをしているケースもある為、面接時はお店に入った瞬間から出るまで気を抜かずにいる事を心がけましょう。

④応募の動機、目標の有無

動機は面接であれば必ず質問される内容ですが、面接官からすると、その動機や目標により、「どの程度やる気が感じられ、頑張って働いてくれるか?」や「長く続けられそうか?」などを見ています。

子供や学費の為に「稼がなければいけない」人は勿論、「お金を貯めて〇〇したい」など自分の願望の為に頑張れる人は採用される確率が高くなります。

逆に、「なんとなく稼げそうだし〜」「キャバ嬢って華やかで憧れてて〜」など、動機が明確でない場合は「飛ぶ可能性が高い」と判断され、あまり良い印象ではありません。

面接で落ちやすい人の特徴とは

王明源33
面接で落ちてしまう人は何故落ちてしまうのか、いくつか共通ポイントがあるのでまとめていきます。

①「夜ウケ」しない見た目や雰囲気

お店で指名を取りながら、お客様を楽しませる接客ができるイメージが浮かばない女の子です。

一言で表すと上記で挙げた「夜ウケ」しない子という事です。

面接という緊張感により、物静かな雰囲気や根暗な印象を持たれてしまったり、薄い化粧で行ってしまい華やかさに欠けるなど。

キャバクラで働いているイメージを面接官が想像できない場合は、お断りするケースが多いそうです。

②清潔感がなく、ガサツな子

キャバクラの世界では、太っている事も清潔感の無さとしてカウントされます。

また、髪の毛がボサボサでケアされていなかったり、ネイルが所どころ剥げているにも関わらず放置していたりなど、見た目から推測できる事も見られている為、しっかりと手入れをしてから面接に向かいましょう。

③一般常識がない子

背もたれに寄りかかる、足を組みながら話を聞く、敬語が使えない、挨拶が出来ない、目を見て話せないなど、最低限のマナーすらも出来ない人は落とされる可能性が非常に高いです。

せめて初めと最後の「宜しくお願いします」と「有難うございました」くらいはどんなに緊張していても言えるように心がけましょう。

Cast de Baitoで独自に行ったキャバクラ店長へのアンケート結果はこちら!
体験入店で落ちやすい人の特徴詳細をチェックしよう。

まとめ

evaq999
キャバクラは特別な資格が必要なわけではなく、自分自身が商品となり、容姿、トーク力、武器にできるもの全てで自分を売り込んでいくお仕事です。

面接の場合も同様に、自分を売り込む積極性が必要となってきます。

いかに自分のアピールポイントや、意欲を示すことが出来るかで面接官の受け取る印象も大きく変わってくる為、緊張に負けず、ハキハキと明るく笑顔で受け答えする事を意識しながら面接に臨んでみると良いかもしれません!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加