2018.03.21
HowTo

キャバ嬢なら身につけたい!指名につながる♡究極のモテ仕草とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HowTo HowTo
©︎怕水的青蛙

指名を取るために必死になればなるほど指名が取れない、という経験はありませんか?

売上の為に必死になって働くのは素晴らしい事ですが、行き詰まってしまった時にはふと自分を振り返ってみると良いでしょう。

  • 必死になるがあまりに、硬い作り笑いばかりになっていませんか?
  • お酒のペースばかり気にして、お客様への気遣いを忘れていませんか?
  • 性的魅力ばかりを意識して、行き過ぎた下品な女性になっていませんか…?

今回は指名につながる「適度な」モテ仕草を紹介して行きます!

笑顔は最大の武器!


男性にとって女性の笑顔は最大の癒しと言われるほど、分け隔てなく全世代に愛されています。

笑顔といっても様々なパターンがあり、キャバ嬢のモテ仕草としては以下のバリエーションを使いこなせると良いでしょう。

①無言になったら微笑む

キャバ嬢は毎日様々なお客様の話の相手をするお仕事ではありますが、つい話題に詰まってしまったり反応に困って無言になってしまう事があります。

そんな「マズい!」という時には、お客様の目を見て優しく微笑みましょう。

微笑む事で、「無理に話さなくてもあなたと一緒にいるだけで楽しいですよ、気分が良いですよ」というアピールになります。

無表情のまま目をそらしたり、目をそらせたままドリンクを飲むふりなどは「気まずい空気の時にするテッパンの行動」です。

ほとんどのお客様自身にもその様な経験がある為、「あ、この子今気まずいんだな」と勘付かれてしまいます。

そんな目をそらしたくなる時は、逆に「目を見る」という攻めの姿勢で行きましょう。

目を見た後に微笑む事で、お客様に「可愛いな〜」と考えるタイミングを作る事ができ、間を持たせる事ができます。

その後はお客様から話題が出るのを自然と待っても良いし、そのちょっとした時間で新たな話題を探すのも良いでしょう。

②3秒見つめて照れ笑い

「見つめる」と「照れ笑い」を同時に女性からされるという事は、男性にとっては「俺のこと好きなの!?」と勘違いしてしまう行動のトップと言っても過言ではありません。

基本的に男性は自分の好みの女性がいたら「見ます」。

女性よりも男性の方が視覚に重点を置く生き物だからです。

その為、女性から見つめられると無意識に自分の行動と照らし合わせ、「俺のこと好きだから見ているんだ」と感じます。

そこへさらに照れ笑いをされてしまったら、照れる=恥ずかしい=好きだからと、より勘違いを深めていってくれるでしょう。

ハマってもらうのに言葉はいりません、ちょっとした仕草でガッチリと心はつかめます。

③覗き込んでニッコリ

©︎Jack Wu’s Photos 吳泊峻


「下から覗き込まれる」という行為は日常の生活ではあまりない仕草で、ふとした瞬間にされるとドキッとします。

女性が男性にされて嬉しい事で例えるならば、高い所にある物を取ろうしたら、ふと後ろから包み込む様にとってくれ、自分の耳の斜め上あたりから「危ないよ」などと言われる様な感じです。

ポイントは⑴後ろから、⑵包み込まれる、⑶耳元で話されるの3点です。

好きな人にされたらどうでしょうか?
その距離感と、普段の生活ではなかなかない位置関係にドキッとしませんか?

男性には下から行くと上目遣いが可愛くうつる為効果的です。

お客様が落ち込んだり黙ってしまったりした時を狙って、少し前かがみになり、膝に肘をついて脇を締め胸を強調しつつ、上目遣いで「どうしたの?」と声をかけてみましょう。

④首を傾げてキョトン顔からのニッコリ

何かを聞かれたり、話の内容がよくわからなかった時やうまく聞き取れなかった時などは、是非首をかしげてください。

キョトン顔で首をかしげるといえば、犬などの動物でもよく見られる行動です。

まん丸に見開いた瞳と、傾げた首。とっても可愛らしいですよね。

男性にとっては犬だけでなく、女性が行うとても可愛らしく映ります。

その可愛らしい仕草に、最大の武器である笑顔を足すという技です!

聞き取れなかったりわからなかった時にただ黙ってキョトン顔で首をかしげるだけでは、

「何がわからなかったの?」
「言ってくれなきゃわからないんだけど」

と男性を不満に感じさせてしまう可能性があります。

そこで、可愛く首を傾げた後に、「えへへ〜♡ごめんなさい、◯◯って何ですか?♡」などと満面の笑みで言うと良いでしょう。

ポイントは⑴キョトン顔で首を傾げた可愛いあなた、⑵何がわからなかったのか具体的に言葉で説明、⑶満面の笑みの3点です。

男性にとっては可愛いあなたを見れて、かつどういう状況なのかも具体的に言葉で理解できるので一石二鳥です。

タメ語を上手に混ぜる

©︎acworks


普段の接客は常に敬語というキャバ嬢はたくさんいると思いますが、敬語に徹底しているとどうしても壁を感じてしまいます。

そこで、感情を表現する感想を言う際にタメ口を混ぜてみると良いでしょう。

「すごい!嬉しい〜♡ありがとうございます!」
「え!そうなんだ、知りませんでした!」
「美味しい〜♡一緒に来れて嬉しいです♡」

など、この様なタイミングで出るタメ口はその人の「素の表現」と取れる為、自分に素を見せてくれたと感じる事ができる為好印象である場合が多いです。

今まで敬語しか使って来なかったと言う人も、これを機に少しタメ口を混ぜて見てはいかがでしょうか?

ずっと敬語だったのに突然タメ口は…とためらう気持ちはわかりますが、お客様は「やっと心を開いてくれたな」と感じてくれることでしょう。

やっぱり人気♡ボディタッチ

©︎sherril8


ボディタッチはやはり外せません。

特に意識してもらいたいのは、ベタベタと触るのではなくちょっとしたタイミングで「たまに」触り、その触る時間を「あれ…?」と感じる程度に長く取ることです。

あまりベタベタと触り過ぎるのは「そういう子なんだな」と特別意識してもらえなくなる可能性があるので注意しましょう。

触りやすい子だと印象付けてしまうと、セクハラにも繋がりやすくなります。

そこで、たまに触って欲しいのですが、その触った際に自然と離れるタイミングで離さず、5秒ほど長くそのままでいてみて下さい。

そしてすっと滑らかに離します。

少し長い事で「あれ…?長いぞ」と印象付け、期待させた所ですっと美しく引く事で、「あっ、、終わっちゃった」と後ろ髪を引かれる思いをさせます。

また触ってくれるかもと言う淡い期待を煽る事で、あなたにどんどんハマっていくでしょう。

まとめ

モテ仕草というとハードルが高い感じがしますが、意外と簡単に実践できそうなものばかりだったのではないでしょうか。

キャバ嬢という華やかな仕事についたからには、可愛らしいモテ仕草をどんどん身に付けて、指名を取っていってくださいね!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加