2016.05.25
HowTo

面接前に知っておきたい!キャバ嬢の実際の仕事内容、同伴やアフターとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HowTo HowTo

キャバクラのお仕事とは?実際の仕事内容をチェック!

キャバクラのお仕事って、キラキラしていてみんな可愛くって、お給料もたっぷりなんて素敵!
でも、具体的な仕事内容ってどんなものなんだろう…?

初めてのキャバクラでも怖くない♪
キャバ嬢の実際のお仕事の流れを徹底解説!

1、店内でのお仕事

-shared-img-thumb-JSK542_kanpai_TP_V3
キャバ嬢の本業です!
お店に来てくれたお客様のお相手ですが、お酒を飲んでただニコニコとお話をしていれば良いという訳ではありません。
お客様が気持ちよく過ごせるよう、細やかな気遣いで最大限に努力しましょう。

①、挨拶と笑顔を忘れずに♪お客様のお相手

お客様と話したり、お店によってはカラオケやゲームなど、直接関わって楽しんでいただくお仕事です。
お客様の相手をすると言っても、ただ聞いているだけではお客様も楽しくありませんので、きちんと話題に合った反応を返せるように努力しましょう。

興味のない話でも、知識があるのとないのとでは反応も変わります。
お客様がどんなお話をされるかはその時になってみないと分からないので、(常連さんは好みが掴めてきますが)トレンドを押さえておく為にも新聞やニュースなどには目を通しておくと良いでしょう。

 

☆カラオケやゲームなどでは盛り上げ役に徹しましょう!

-shared-img-thumb-PAK82_prezenthaert20130208_TP_V3
お店によってあるところ、ないところとはありますが、カラオケやゲームがあった場合はどんな風に盛り上げたら良いでしょうか?
友達とのカラオケとはもちろんわけが違い、お客様に存分に楽しんでいただかなくてはなりません。

カラオケの場合はデュエットをしたり、お客様が一人で歌ったりと様々ですが、一番のポイントは体を揺らしたり手拍子をしたりなど、「聞いている姿勢」を目に見える形で表現することです。

お友達とカラオケに行った時に、自分が歌い出したとたんにお友達がスマホをいじりだしたり、歌ってる間中おしゃべりに夢中だったりしたら、なんとなく放置されて嫌な気分になりますよね。
その反面、合いの手を入れたり、手拍子をしてくれたら自然と歌にも力が入ります。

自分の行動は同じ「歌を歌う」でも、周りの反応によってその時間の意味合いが変わってきます。

お客様は高いお金を払って女の子と楽しむ為に来ている訳ですから、精一杯おもてなしをしましょう。
お客様との時間をいかに楽しんで見せるかがカギです。

②おすすめテクで売上げ向上!「お酒を作る」

-shared-img-thumb-MS251_syanpantower_TP_V3
キャバクラは居酒屋ではないので、キャバ嬢の皆さんがお客様のお酒を作ります。
作る必要のないワインやビールなどはボトルを持って直接おつぎします。

まずはお客様に飲み物を伺って、ボーイに持って来てもらいましょう。
割って飲むお酒は氷の有無や濃さ、割り物に好みがありますので、作る前に必ずお客様に確認します。

2杯目からは「次は薄目に」など特別なご注文がない限り同じ量でokですので、何度も同じ質問をしないように心がけましょう。

キャバクラのお仕事は売上げが命ですから、たくさんドリンクを飲んでいただけるようにペースをコントロールするのも一つの技です。
お客様のグラスが半分以下になったら、積極的にお作りしましょう。

その際に「次は濃い目にしちゃう?♡」などと可愛く提案してみるのも手です。

ですが、中にはお酒の苦手な方ももちろんいらっしゃいますので、ごり押しは厳禁。
あくまでも自然にお勧めしましょう。

③細かい気配りで心をつかめ!「テーブルを作る」

-shared-img-thumb-C777_glasstorousoku_TP_V3
テーブル周りを綺麗にするのもキャバ嬢の皆さんのお仕事です。
大きなキャバクラなどお店によってはボーイが担当する場合もありますが、できてマイナスになることはありませんので、気が付いたら積極的に行うようにしましょう。

「気配りのできる女の子」はやはりお客様からの印象がとても良いです。

具体的には、

  • お客様のグラスの水滴をこまめにふく
  • 氷がなくなりそうなら新しい物に変える
  • 灰皿をこまめに交換する(1~2本ごとに交換して常に新しい状態をキープするのがベスト!)
  • お客様のタバコに火をつける
  • おしぼりをたたむ  など。

テーブルの上は常に綺麗にしておくように心がけましょう。
どんなにお話が楽しくて盛り上がったとしても、テーブルをぐちゃぐちゃの居酒屋にしてしまっては華がありません。

グラスの水滴拭きはお客様に水滴が垂れることを防ぐためでもありますが、お酒の残量の確認にも役立ちます。
他には、お客様がお手洗いに立たれた際に、使っていたおしぼりを下げ、新しい物を持ってお手洗いの近くでお出迎えしましょう。

些細な気遣いが指名につながっていく大事な一歩です。

2、店外でのお仕事

キャバクラのお仕事はお店の中だけには留まりません。
お店が始まる前や、終わった後にもお付き合いが必要です。

1日にトータル1000通ものメールをする女の子もいるほど、指名を確実にとっていくために必要不可欠なお仕事だと言えるでしょう。

①リマインダー効果!「営業メールを送る」

-shared-img-thumb-VER88_sumafonayamu15150207_TP_V3
まずはお客様がいらした日の仕事終わり、または翌日にお礼のメールを送りましょう。
次に来てもらえるように繋げていくことが目的ですが、営業っぽさが出てしまうのはNGです。

男性はお金を払って疑似恋愛を楽しみにキャバクラへ来ているわけですから、あくまでも営業感は出さず、自然と会いたくなるような言葉をかけることが大切です。

週に1回程度で良いので、たとえ返事がなくても思い出してもらえるように写メなどを付けつつ連絡してみましょう。

②一緒に来店で指名ゲット♪「同伴する」

同伴とは、お店が始まる前にお客様と会い、お食事などをしてから一緒に入店することを言います。
お仕事の前にデートをする、といったイメージです。

お客様は基本的に気に入った女の子とはお店以外で会いたいと思っていますから、店外で全く会ってくれない女の子より、たまにデートしてくれる女の子の方が良いのは明らかと言えるでしょう。

また、同伴はお客様が少ない早い時間帯の売上に繋がるため、お店側から見ても女の子の評価が上がります

“同伴バック”と言い、時給とは別に同伴手当としてお金がもらえたり、回数を重ねることでお給料がアップする場合もあります。
お店にとっても女の子にとっても良いことづくしなので、お誘いがあったら積極的に受けるようにしましょう。

③3回に1回で小悪魔を演出♪「アフターに行く」

-shared-img-thumb-NKJ52_okaikeihakochiradesu_TP_V3
アフターとは、お仕事が終わった後のプライベートな時間にお客様と会うことを指します。
仕事で疲れて早く帰りたいところではありますが、「同伴ばかりでアフターは100%断られる…」となれば、お客様も”売上のためにしか会ってもらえない”と感じてしまいます。

アフターは当日のお店の売上げには直接関与しないため、お店からのバックなどはありません
いわゆるキャバ嬢からのサービスです。

ただし、深夜に店外でお客様と会うのは少なからずリスクが伴うため、何度か通っていらして安心できる相手かどうかを見極めてから行くようにするのが得策です。

アフターは同伴と違いあくまでサービスですから、お誘いを毎回受ける必要はありません。
多くても3回に1回程度にとどめて、”今日は来てくれるかな?”という期待を持ってお店に通ってもらえるようにコントロールできれば上出来です。

3、まとめ

以下、「キャバクラって何するの?実際の仕事内容について」の押さえておきたいポイントまとめです。

  • お客様が気持ちよく過ごせるよう最大限努力する
  • 新聞やニュースでトレンドを押さえる
  • 「聞いている姿勢」を目に見える形でアピール
  • ドリンクはさりげなく勧めてペースをコントロール
  • テーブル周りは常に美しく保つよう気遣う
  • 自然と会いたくなるようなメールを送る
  • 同伴はなるべく断らない
  • アフターはランダムに受けて小悪魔を演出

初めてのキャバクラはわからないことだらけで不安かもしれませんが、はじめは全員同じ未経験からスタートしています。
ルールやマナー、人間関係に気を使いつつ、唯一無二の素敵な「自分スタイル」を作っていってくださいね!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加