2017.09.27
HowTo

絶妙な距離感!上手な《色恋営業》の掛け方と引き伸ばし方、相手の選び方から終わらせ方のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HowTo HowTo
©︎Jon_Huang6

世のキャバ嬢達は様々な手法でお客様の興味を惹き、夢中にさせながら働いています。

その中でも「色恋営業」はいかにお客様を自分に夢中にさせる事が出来るかが重要となる営業方法です。

色恋営業では短期間でお客様がキャバ嬢に対して使う金額が跳ね上がる傾向にありますが、反面あまり長続きしないという点も特徴と言えます。

今回はそんなお客様を虜にしてしまう「色恋営業」の上手な掛け方、短期間だけの関係にならない為のつなぎ方や、トラブルになる事の無い終わらせ方、またどのようなタイプのお客様に効果的なのかについてまとめていきたいと思います。

キャバ嬢の色恋営業とは

©︎ Vive la Palestina.jpg

色恋営業とは、キャバクラ嬢がお客様に対して行う営業方法の種類の一つであり、疑似恋愛をしているように振舞う営業方法です。

キャバ嬢に対し恋愛感情を抱いているお客様は比較的多くいる為、まるで付き合っているかのような素振りや言動、態度をお客様に対し故意に行い、指名や同伴に繋げていきます。

お客様本人は付き合っていると認識している場合が殆どで、発展すると束縛や独占欲が生まれてくる場合もあります。

色恋営業の掛け方のポイント

色恋営業の効果的な掛け方のポイントとしては、距離感を意識する事が重要と言えます。

①気があるように思わせる

自分から色恋営業をかける際に大切な事は、貴女がお客様に対し好意を持っているという事をお客様に知ってもらうような接客をしましょう。

好意を向けられ気を悪くする人は少ない為、他のお客様とは違うという特別感を醸し出すように意識すると効果的です。

②口説き目的を逆手に取る

キャバクラのお客様の中にはキャバ嬢を口説きたいと思い来店する方も比較的多くいます。

そのようなお客様に対し、「口説きそうで口説けない」距離感を保つ事で指名や来店頻度向上へと繋げる事が出来ます。

「口説けないキャバ嬢」は口説き目的のお客様からすると求めているものと異なる為、「口説けそうなキャバ嬢」を探し始める傾向にあります。

③関係が浅いうちのアフター、店外はNG

指名を頂いてからまだ日が浅いお客様とアフターや店外で会う事は止めましょう。

「まだあまり〇〇さんの事を知らないからもう少し仲良くなってからが良いな」など必ずお店に通ってもらえるような方向に持っていく事を意識しましょう。

店外で会う場合は必ず同伴から始める事も忘れないようにしましょう。

色恋営業の引き伸ばし方のポイント

©︎Seven-Studio

色恋営業はお客様が本気でキャバ嬢の事を好きになってしまうケースが多く、他のお客様に対する嫉妬や独占欲、束縛などが発生しやすいというデメリットがあります。

その為、ある程度の期間が経つとお客様が切れてしまいやすいとされています。

少しでも長く引き伸ばす為のポイントをいくつか紹介します。

①連絡をこまめに取る

プライベートな内容も多少織り交ぜながらマメに連絡を入れる事で、お客様の不安感を払拭させることが出来ます。

不安が無ければ嫉妬や束縛に繋がる事も少ない為、通常の恋愛における駆け引き等は全く必要ありません。

②特別感を出す

お客様に対し「貴方は特別」「貴方の席が一番安心する」といったような特別感を出すようにしましょう。

同伴、店外デートを上手に使いお客様に特別感を出す事も効果的です。

③感情の変化を見せる

普段はお客様を立てる関係性でも、時に怒る素振りを見せたりお客様の発言に対しショックを受けるなど、「素の自分」を敢えてお客様に見せるようにしましょう。

心を開いてくれていると思わせる事が大切です。

色恋営業が効く相手の見分け方、特徴とは?

①本当のお金持ちでは無い人

本当のお金持ちはキャバクラとはどういう場所なのか弁えている方が多いです。

その為、遊び方も心得ており、キャバ嬢の方から寄ってくる場合が多く、色恋営業は効果があまり期待できません。

普通の会社員など普段そこまで遊ぶ機会が少ない方の方が、色恋営業をする相手に適していると言えます。

②団体客より1人で来店している人

団体客は2次会である場合が多く、みんなでわいわい楽しむというようなスタンスです。

1人で来店される方の方が話す時間も多く取れ仲良くなりやすい為、色恋営業に向いていると言えます。

また、団体で来店した方が後日1人で来店し指名を入れてくれた場合なども、今後頻繁に来店してくれるケースが多いので、色恋営業に適しています。

色恋から友達営業に落とす(色恋を終わらせる)方法

①はっきりと断らない

お客様はキャバ嬢と付き合いたいと思っていますが、それは難しい為、1度は曖昧な返事で引き伸ばせたとしても最終的な返事を必ず要求されます。

その際にはっきりと断らないように注意しましょう。

あまりにはっきりと断ってしまうと、今までの事に対し「騙されていた!」と怒ってしまう可能性があります。

《効果的な断り文句》

  • 今は付き合える状況じゃない(家庭環境、勉強の為、自立の為、理由は様々)
  • 夜の仕事をしているうちは誰とも付き合えない

②人として尊敬している事を伝える

恋愛感情を抜きにして、人間性を尊敬しているという事を伝えるようにしましょう。

「尊敬」と「好き」は近しい物がある為、今までの行動や態度も「本当に尊敬している」という事で納得してもらえる事が出来る場合もあります。

③一緒に居て楽しいと思ってもらう

「顔が好み」や「スタイルが良いから」などの外見だけの理由ではなく、「楽しく一緒にお酒を飲むなら〇〇」というポジションに到達する事を目標にしましょう。

もし色恋営業の終わりが来たとしても、一緒に飲んだ楽しい思い出があれば、恋しくなり必ずお客様は戻ってきてくれます。

まとめ

短命と呼ばれる色恋営業ですが、掛け方次第では長く引きのばす事も友達営業へシフトさせることも可能な為、お客様を見極め、一緒に楽しむことを心がけましょう。

また、色恋営業はお客様の嫉妬や独占欲からストーカー被害に発展したというケースも多い為、終わらせ方には十分な注意が必要です。

「騙す」という認識を持っている方も多いと思いますが、決して騙すようなことはせず、あくまでお客様への営業方法の1つという認識で働いていくと良いでしょう。

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加