2017.09.22
HowTo

女性のお客様ってどう対応するのが正解?意外と苦手な方も多い女性客の接客法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HowTo HowTo
©︎orange_heart

キャバクラは「男性の遊び場」というイメージが強いですが、実は女性のお客様もそこまで頻繁ではないですが来店されることがあります。

来店される女性客のタイプによりけりですが、普段男性ばかりを相手にしているキャバ嬢からすると女性客に対する接客法があまり分からないといった方も多く、苦手と感じるキャバ嬢もいれば、逆に同性同士の為接客しやすいと感じるキャバ嬢もいます。

そこで今回はキャバクラに来店する女性客の種類と対する接客法についてまとめていきたいと思います。

キャバクラに来店する女性客はどんな方が多い?

①同業

キャバクラに来店する女性客の半数程は同業、もしくは何かしらの関わりがある方が多いです。
同じ繁華街同士のキャバクラなどはお店が違ってもキャバ嬢同士仲が良いという事が多い為、バースデーやイベントなどの際に来店し、お祝いするという事が比較的多くあるようです。

【同業女性客の接客方法】

同業の女性客の場合、接客はおそらくどんなお客様よりも簡単かつ楽です。

キャバ嬢目線の気持ちを知っている為、キャバ嬢が望んでいる事(ドリンク、ボトル、延長、など)は言わずとも理解してくれ、逆に嫌な事(面倒な絡み、無言、など)はされて嫌な気持ちが分かる為、する事はありません。

また、同業という事もあり、お店の事やお客様の事で共感できる話題も沢山あります。

その為女子会のような雰囲気となり、男性客とよりも盛り上がってしまうケースも稀にあります。

ただ1点注意点としては、夜の世界にも様々ある為、見るからに同業であってもお客様が自発的に話すまで職業についてはあまり詮索をしないようにしましょう。

②男性グループに混じって

©︎Joel Devereux

次いで多いタイプは会社などの飲み会(おそらく男性社員が多い会社)でその中に女性が混じって来店するケースです。

会社の付き合いでなくとも、男女で飲んでいて盛り上がり「ノリで一緒に来ちゃった!」という女性も多くいます。

【男性に混ざっている場合の接客方法】

男性客と一緒に来店する女性客は比較的ノリの良い方が多く、一緒に楽しみながら接客をする事をお勧めします。

お酒も好きな場合が多い為、フランクな接客を好む方が多いです。

気を付ける点は、グループの中での女性の立場をしっかりと把握する事です。

社内の中での立場や、女性客の話し方や行動座る位置などに注目しましょう。

  • 比較的上の立場・・言葉遣いに気を付ける。
  • 顔には出さずともあまりにも馴れ馴れしいとNG

  • 下っ端の可愛がられキャラ・・とにかく褒める。
  • 普段から褒められている事が多い為、持ち上げ役に徹すると上機嫌

また、稀にグループ内の男性客の1人に好意がある、気になっているまたは実は彼氏というパターンもあり得ます。

うっかりその男性におねだりや営業をかけてしまうとあからさまな敵意を向けられる事もある為、そのグループ内の女性の立場、行動には十分注意しましょう。

③女性1人で来店

あまり多くはありませんが、女性が1人で来店される事もあります。

理由としては、「女の子が好き」「男抜きで飲みたい気分」が多いとされています。

【女性1人の接客方法】

女性1人での来店は確かに珍しいですが、その気持ちを出す事のないよう接客を心がけましょう。

「キャバクラに女性1人」が珍しいという事はお客様本人も理解している事が殆どです。

変に気を使い過ぎた接客は更に居心地を悪く感じさせてしまう為、しないようにしましょう。

また、席の位置にも気を配り、男性客のあまり近くではない位置や端の方へ誘導してあげると良いでしょう。

④男性1人女性1人

©︎Kooples

男女1対1で来店される方々も少ないですがいらっしゃいます。

年の離れた男女、既婚者同士、カップルなど、様々な関係性があり一見ではどのような関係性なのか把握できない場合もあります。

【男性1人女性1人の接客方法】

男女1対1の場合は、男性にあからさまな営業やおねだりをする事は止めた方が無難です。

関係性が分からないにしろ、自分の連れの男性にキャバ嬢がぐいぐい営業をかけていたら良い気はしない為、先ずは女性のお客様へ先に話しかけ話題を広げていくようにすると良いでしょう。

関係性を詮索する話題は避け、当たり障りのない時事ネタが無難です。

まとめ

キャバクラに来店する女性客への接客法、いかがでしたでしょうか。

最後は女性客のタイプ次第という事にはなってしまいますが、是非参考にして頂ければと思います。

どんなお客様でも最低限のマナーと心配りを忘れずに接客する事を心がけましょう。

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加