2016.06.16
HowTo

《キャバ嬢の営業メールテクニック》NGメールの事例やオススメの頻度、タイミングなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HowTo HowTo
©︎VER88_sumafoijiru15150126_TP_V

お客様と連絡先を交換し、いざ連絡をしようという時「わかりやすい営業メールだと返信してもらえないかも…」と悩んでしまった経験はありませんか?

連絡はしていても、なかなかお店に来てもらえない事もしばしば。
そんな時は是非、これから挙げていくことを意識して効率よく営業していきましょう!

振り返ってみよう!こんな営業メールはNG!

①一斉送信またはコピペをする

1人1人個別に作った内容で連絡をするのは確かに時間がかかり面倒ではありますが、一斉送信できる内容は送られてきた側からすると、すぐに分かるものです。

当たり障りのない内容に加え、自分の名前も入っていない…。
そんな連絡が来ても、お店に行くどころか返信すらしない方が大半と言えるでしょう。
感覚的にはメルマガと同じになってしまいます。

②直接的なTHE!営業メール

たいした内容もなく、ただ「お店に来て欲しい!」と直接的に言ってしまうのはお勧めしません。

自分を指名してくれる仲の良いお客様であれば、「しょうがないなあ~」と大目に見てもらえるかもしれませんが、あまり頻繁にそんな内容ばかり送っていたら、さすがにうんざりされてしまいます。

まだ関係が進展していないお客様に送るのは、ほぼNGと思ってOKです。
指名しているわけでもないのに、たまたま入ったキャバクラのキャバ嬢から露骨な営業メールがきたらどうでしょうか。

少なくとも「しょうがないなあ~」とは思ってもらえず、返信も来ないと思うのが妥当と言えるでしょう。

感覚としては、特別に気に入っているわけではない飲食店でメルマガ登録をしたら、しきりに「またのご来店をお待ちしております!」とクーポンがあるわけでもない営業メールがしきりに来るような感じです。

③返信に困る日記メール

C789_yousyomihiraki_TP_V
自分しか知らないその日の出来事を送るのはプライベート感が出て良いと思うかもしれませんが、「用のない日記メールは反応に困ります
※ストーカー気質のお客様は喜ぶかもしれませんが、ストーカー行為に発展する危険性が高い為避ける方が無難です。

返信率が低く、リスクも伴う為極力避けた方が良いでしょう。

④「お店が暇」メール

そもそも、人は一般的に「暇なお店」にあえて行きたいとは思いません。
飲食店を選ぶ時でも、ガラガラのお店より賑わっているお店に入ってみたくなるものです。

そんな時は嘘でも良いので、「お店はわりと忙しいんだけど、自分は暇」というニュアンスで連絡してみましょう。

連絡をしているのに返信が来ないというあなた!上記のような内容で連絡をしていませんでしたか?

心当たりがある方は上記内容は極力控え、次から紹介する効果的な営業メール(LINE)を意識して取り入れていきましょう!

営業っぽくない営業メールテクまとめ

YUKA160322000I9A4287_TP_V

①個別内容のメール(LINE)を送る

一斉送信やコピペなんてもちろんNG!お客様の名前は必ず入れましょう。
前回来店された際に話した内容や、そのお客様だけとの話題を添えて送るとより効果的です。

また、「今日も暑いけどお仕事頑張ってね!」など、体調や仕事を応援する内容を最後に付け加えると、優しく気遣いができる子と思ってもらえ、印象アップの可能性が上がります。

お疲れ様や頑張ったねなど、女性からかけてもらえる労いの言葉は男性にとって癒しです。
仕事終わりにあなたの事を思い出し、癒しを求めて会いに来てくれるよう積極的に取り入れていきましょう!

②連絡先交換後はその日の内に連絡

連絡先を交換したのにいつまでもメール(LINE)が来ないというのは、あまり良い印象ではありません。
あまりにも時間が経ってしまうと、どんな子だったかも忘れられてしまう可能性がある為、できるキャバ嬢は待機時間などをうまく使って、こまめにメール(LINE)を送っています。
お礼メールは来てくれたその日のうちに、その時話した内容なども入れ、楽しかった事を伝えましょう。

③自分の写メを添付する

お店のイベントやプライベートで出かけた時など、自分の顔が映った写真を送りましょう。
顔を忘れられることもなく、その写メを見て「また会いたい!」と思ってもらえる可能性が高まります。

男性は女性よりも視覚を重視する生き物の為、写真の効果は絶大です。

④狙い目の時間はお昼休み

MAR88_kabintotabel_TP_V
お客様で圧倒的に多いのは、サラリーマンなどの会社勤めの方々です。
お昼休みに「今日はどこに飲みに行こうかな〜」と考えている方も少なくない為、そのタイミングに自分を思い出してもらえるよう、少し早起きをしてお昼休み頃の時間を狙い連絡してみましょう。
お昼休みが終わればお客様は仕事に戻る為、自然に会話も終わり、だらだらと何度もやりとりをせずに済みます。

⑤避けたいお客様にも連絡する

変わったお客様は共通してどのキャバ嬢も「変わっている」と感じている事が多く、大抵のキャバ嬢は自分が苦手なお客様には積極的に連絡をしません
その為、そういうお客様こそライバルが少なく、自分のお客様になってもらいやすいのです。
苦手と感じていても、仲良くなっていくうちにとても良いお客様になる事もある為、積極的に連絡をしていくと良いでしょう。

⑥定期的に送る

返信が来ないからと言って、1回送っただけでやめてしまうのはとてももったいないです。
相手が不快に思わない頻度で、かつ不快に思わない内容を定期的に送ってみましょう。

何か迷っている時や探している時に、タイミング良くそれに合った情報が入って来ると、流されてしまうのが人間です。
そのタイミングは狙い撃ちできたら苦労しませんが残念ながらできないので、定期的に連絡をするという方法に辿り着きます。

ただ待っているだけではお客様はやってきません。返信が来なくても連絡してみましょう!

営業メールで気を付けるポイント

C824_chokotegamihako_TP_V

①独身or既婚

既婚者の場合は基本的に休みの日の連絡はしない方が良いでしょう。

仕事終わりなども、自宅で家族と過ごしている時に連絡が来て奥さんにバレてしまうと都合が悪い方が多い為、独身なのか、既婚者なのかはあらかじめ確認しておきましょう。

②時間帯

サラリーマンの方なら、早朝、深夜は避けましょう
また、平日の午前中も仕事などでスケジュールが詰まっている事が多い為、避けた方が無難です。

忙しい時間帯に送っても、「とりあえず返信は後でいいか!」と後回しにされてしまい、結局返信しないまま忘れられてしまうケースが多いです。

時間がある時に目に入るよう、お昼休みや休憩時間などを見計らって送ってみましょう。

印象に残る確率が高い!たまには電話しよう

SAYA071134715_TP_V
電話はかけるタイミングが難しく、中々できないというキャバ嬢も多いかと思います。
ですが、たまに電話をして声が聞けると圧倒的に記憶に残りやすく、会いたい気持ちも高まる為、迷惑にならない程度にかけてみるのも一つの技です。

①お礼を電話に変えてみる

お客様の来店後、帰ってから約20分以内に「今日はありがとう!また話したいね!」などと、電話でお礼を言ってみましょう。

よほど近所に住んでいない限り帰宅はしておらず、「さっきまで話していたのに、わざわざ電話をくれるなんて」とお客様の印象に残る為、覚えてもらえやすくなります。

②急な営業電話のフォローは忘れずに

予約していたお客様のドタキャンなどで、メール(LINE)より話が早い電話を使い、どうしても営業をかけなければならない時があります。

急な電話ですので、仕事や予定があって断られたり、渋ったりされて当たり前です。
OKがもらえたらラッキーと思っておきましょう。

そして急なお願いでも来てくれるという神様のような方にはもちろん、断られてしまった方にもフォローメールを送りましょう。

来てくれる場合には「急なのにごめんね!嬉しい!気を付けてきてね!」など、
また、来られない場合には「突然電話しちゃってごめんね。今日は残念だけどまた飲もうね!」など、すぐに送る事で、「困った時だけ電話してきてそれっきり…」と思われずに済みます。

しっかりお礼を伝えて、次回に繋げていきましょう。

まとめ

電話やメール(LINE)の営業は、指名客獲得に繋がるキャバ嬢の大事なお仕事です。
いかに効率良くできるかも重要になってくる為、自分のスタイルを探しつつ、参考にしていただければと思います。

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加