2017.12.01
HowTo

【クリスマス2017】出勤のメリットとは?キャバ嬢からお客様へのプレゼントや営業のかけ方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HowTo HowTo
©︎Meno Istorija

せっかくのクリスマス、彼氏や友達、家族と過ごしたい方は多いのではないでしょうか。

しかし、キャバクラ業界で12月は一番の稼ぎ時であり、中でもクリスマスはキャバ嬢にとってのメリットが非常に大きいイベントです。

そこで今回は、出勤するメリットから呼べるお客様の見分け方、上手な営業のかけ方についてまとめていきたいと思います。

クリスマスにキャバ嬢が出勤するメリットとは?

©︎ekkiPics

彼氏がいないとアピールできる

多くのお客様は、「クリスマスはどうせ本当はいる彼氏とデートなんでしょ〜」と思っています。

そこで、思いの外お店で会えるという事を伝えると、

「あれ?実は本当に彼氏いなかったの…?」

という淡い期待を持ってもらうことができます。

恋人と過ごすことが多い日本のクリスマスで、”お気に入りのキャバ嬢と一緒に過ごせる”というのはやはりどこか特別感があり、普段の出勤日より喜んでもらえる事は間違いないでしょう。

クリスマスシーズンは12月の間中どこもイルミネーションが綺麗で当日でなくとも楽しむことができます。

恋人やお友達との予定は別の日にずらして、当日は出勤してみてはいかがでしょうか。

イベントの特別感、ボーナスで売上が伸び易い

お客様から見てもクリスマスはやはり街が色づき、「イベント感」を日に日に感じられる季節です。

さらにボーナスが入る時期とあって、より一層お財布の紐が緩まる時期とも言えます。

普段から通っているのであれば、1年の締めくくりという事もあり、クリスマスのタイミングで大きなプレゼントをあげようという気持ちにもなり易いものです。

シャンパンボトルなども入り易くなる為、さりげなくおねだりしてみると良いでしょう。

プレゼントをおねだりできる

©︎Petr Kratochvil

夏の浴衣イベントや秋のハロウィンイベントではあまりプレゼントは連想されませんが、クリスマスはやはりプレゼントを強くイメージするイベントの為、他のイベント時よりおねだりがし易くなります。

また上記にもある通りボーナスの時期でもあるので、例えば誕生日プレゼントは控えめにお願いし、クリスマスプレゼントで高価な物をおねだりしてみるなどすると良いでしょう。

イベントごとに高価なおねだりをしていると、お客様は離れていってしまいます。

お客様のお財布状況を見ながらイベントごとにメリハリをつけ、お客様にとって大きな負担にならないようにおねだりをすることが長く通い続けてもらえる秘訣です。

時給がアップする

12月の特に後半は忘年会、クリスマスとイベントが盛りだくさんで大きな稼ぎ時です。

その為、多くのキャバクラが求人に力を入れ、全体的に時給を上げている時期です。

クリスマス前後や忘年会が多く入る週末などは、積極的に出勤すると良いでしょう。

お客様もイベント感から比較的いつも以上にお金を使ってくれる事が多いので、自分の売上をいつも以上に確保したいという方にはもってこいの時期と言えるでしょう。

お客様のステータスを確認しよう!

©︎danielmviero.com

お客様のステータスによって、クリスマスは呼びやすさが変わります。

呼びたいと思っているお客様のステータスをよく確認してから、営業の連絡を入れるようにしましょう!

①独身・彼女なし

完全にフリーのお客様は、「非常に呼びやすいお客様」です。

恋人と過ごす空気感が非常に強いクリスマスは、「ひとりぼっち感」をより感じる季節です。

誰かと過ごしたい、寂しいと感じている方が多い為、完全フリーのお客様は非常に呼びやすいと言えるでしょう。

また、プレゼントが必要な子供も恋人もいない為、自分に使えるお金が一番多い人とも言えます。

是非事前に連絡を取っておき、当日はプレゼントを用意しておくね♡と伝え、来てもらいましょう。

②独身・彼女あり

彼女ありのお客様は「当日は避けた方が良いお客様」です。

彼女がいる方で夜に時間があるのならば、ほぼ100%彼女と過ごすと思って良いでしょう。

さらに、彼女へのプレゼント代やディナー代がかさむ為、あまりお金には余裕がない状況でもあります。

その為来てもらう日はクリスマスイヴ・当日を避け、プレゼントのおねだりは程々にし、誕生日など他のイベントで大きなおねだりをするのがオススメです。

クリスマスはグッと堪えて、

「私は会えるだけで嬉しいから、そんな高価なものはいらないの。来てくれてありがとう♡」

と彼のお財布状況に優しい女性を演じましょう。

③既婚

©︎by Victoriia Z

既婚のお客様は「当日は避けた方が良いお客様」です。

既婚のお客様は家族と過ごす事が多い為、クリスマスイヴ・当日を避け、その前後で来てもらえるよう交渉しましょう。

子供がいるかいないかによっても状況が多少変わってくる為、さりげなく事前に確認しておく事をお勧めします。

子供がいない・成人している場合

夫婦二人だけまたは子供が大きくクリスマスに家にいない場合などは、基本的に独身彼女ありのお客様と同様に考えて良いと言えます。

子供がいないと夜外食にでる割合が高く、プレゼントとディナーで出費がかさみます。

もしくは、夫婦ではクリスマスを全く祝わないという方もいます。

その場合は独身の方同様お財布に余裕がある場合が多い為、様子を見ながらおねだりしてみると良いでしょう。

子供がいる場合

子供がいる場合は子供のみにプレゼントを買う場合が多く、夫婦間でのプレゼント交換は減っていく、または金額を抑える傾向にあるようです。

また、小さいお子さんの場合は外食でのディナーが難しく、夫がケーキを買って帰り、奥様の手料理を食べるという事が多いことから、高価なプレゼントやディナーがない分多少の余裕は見込めます。

しかし、子供の養育自体にお金がかかる時期である事から、お金持ちでない限りあまり大きなおねだりはしない方が得策です。

④既婚・単身赴任

既婚でも単身赴任などのお客様は「呼びやすいお客様」です。

家族と離れて過ごしているお客様は寂しい気持ちが強く、声をかければクリスマスイヴ・当日に来てもらえる可能性が非常に高い方です。

家族へのプレゼントはしていると考えた方が良い為、あまり大きなおねだりは避けた方が良いですが、シャンパンをおねだりする程度なら問題ないでしょう。

クリスマスの営業のかけ方

©︎David Photo Studio

プレゼントを用意する

どうしても来てもらいたいお客様には、プレゼントを準備している事を事前に伝えるのがお勧めです。

「あなたにプレゼントがあるの」と言われると、自分の為にお気に入りの女の子がプレゼントを準備してくれた!と嬉しくなるものです。

受け取りを拒否したり、受け取らず長期間そのままにしておく事もできない為、当日は難しくともどこか前後で時間を見つけて会いに来てくれるでしょう。

あまり高価なものを買う必要はありません。

既婚者や彼女がいる方の場合残るものは避けた方が良い為、ちょっとした手作りお菓子など、心を込めた感が伝わるプレゼントを準備すると良いでしょう。

前後数日で呼ぶ人を振り分ける

一気に営業をかけてクリスマス当日に何人もの指名が入ってしまうと、一生懸命呼んだにも関わらず席に着く時間が減ってしまい、お客様を待たせてしまいます。

あなたに会いに来ているのにあなたが席にほとんどいないとなれば、3セットいようと思っていた方が1セットで帰ってしまうかもしれません。

その為、ある程度前後の日にちに指名客を分けて招待する事が重要です。

まとめ

©︎Meno Istorija

12月に入り、街も一層クリスマスムードになって来ました。
今年のクリスマスの予定はいかがでしょうか?

クリスマスはカップルや家族で過ごす大きなイベントですので営業にもいつも以上に気を使わなくてはなりません。

お客様の家族関係や恋人の有無をよく確認し、失礼や迷惑のないように気をつけましょう。

稼ぎ時の12月、是非たくさんのお客様を呼んで素敵な1年の締めくくりにしてくださいね。

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加