2016.11.29
HowTo

派閥アリのキャバクラに入っちゃった!対処法と派閥の原因や種類まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HowTo HowTo

キャバクラをテーマにしたドラマや企画などでよく見る、キャバクラ内の派閥問題。

ドラマなどで起こるような激しい派閥争いは滅多にありませんが、古株組と新参組に別れてしまっていたり、なんとなく不穏な雰囲気を感じたりする事は珍しくありません。

残念な事にその様なお店では働きにくく、仕事以外にも余計な気を使わねばならず疲れてしまう為、体入した時点で派閥がないかどうかをしっかりチェックする事が必要です。

しかし体入の時は大丈夫そうと感じても、いざ本入するとしっかり派閥があり困ったという事も十分あり得ます。

そこで今回は、「派閥があるキャバクラに入ってしまった時に役立つ上手な立ち回り方や対処法」を紹介していきたいと思います。

派閥ができる原因と種類

lgf01a201308082100

①古株と新人

まず初めに、派閥ができる原因として一番多いと思われるのが、古株と新人との間で起こる嫉妬です。

古株の子達は自分が長く在籍しているお店の雰囲気を、新しい子達に変えられてしまう事を嫌います。
新人からするとそのような態度はすぐに感じ取る事が出来、良い気分にはなりません。

そしていつの間にか、入った時期が近い子ばかりと一緒にいるようになり、古株は古株同士で固まり、すぐに派閥の出来上がりです。

②同年代、見た目、共通点

キャバクラはいわば女子校のようなもので、自分と似たような見た目や合いそうな雰囲気の人が自然と集まっていきます。
数人が固まっていると、噂話やゴシップネタが大好きな女の子ですから、聞かなくても良い情報も沢山耳に入ってきます。

その情報が正しいと限らずとも、合わないと感じる事があればそこからグループが分裂し、派閥に発展する事もあります。

③ボーイやスタッフとの関係性

女の子同士の関係だけが原因で派閥が出来てしまう訳ではなく、ボーイやスタッフが特定の子だけを特別扱いしていたり、ボーイ同士で派閥がある場合、担当と同じ側に付かざるを得なくなったりしてしまい、それが女の子同士にも影響してきてしまいます。

派閥に振り回されない為の対処法

David Photo Studio4

①働きやすい環境を作る事を目標に

派閥があるお店でうまくやっていくには、誰かと仲良くなってどこかの派閥に入るのではなく「自分にとって働きやすい環境を作る事」が大切です。

例え前のお店でナンバーに入っていて夜の世界が長くても、新しく入ったそのお店ではまだまだ新人です。
常連さんやスタッフの事、聞かなければ分からない事はどんどん派閥に関係なく聞いていくようにしましょう。

そして挨拶、お礼は欠かさずにするよう心がける事が大切です。
仕事に熱心な姿勢やマナーを守る事で、余計なトラブルに巻き込まれずに済みます。

②プライベートは持ち出さない

他人のプライベートへの介入は勿論、自分の事も仕事に必要のない事は極力話さないようにしましょう。
余計な情報を知られてしまうと、お客様に伝わってしまう可能性も高くなります。

③派閥を売上向上に利用する

派閥は対立して一見良くない事のように思えますが、対立の根本は「負けたくない」という競争心から来ています。

ヘルプで付いてくれる子達を仲の良い子にお願いしその場を盛り上げてもらい、他のテーブルに負けたくないという競争心をうまく利用し、売り上げを伸ばしたりする事もできます。

④ボーイやスタッフとは仲良く

ボーイはキャバクラという場所には必要不可欠の存在で、ボーイがいる事で女性特有のネチネチした雰囲気を緩和させてくれる効果もあります。
そんなボーイとは良好な関係を築く事をお勧めします。

度が過ぎた我儘を言ったり横暴な態度をとっていては嫌われ、いざという時に助けてもらえません。
ですが、ボーイと仕事以上の関係になってしまうと女の子同士位のいざこざに発展しかねませんので十分に注意しましょう。

まとめ

Joel Devereux
出来る事ならば派閥など全くなく働きやすいお店に入るに越した事はありません。
ですがもし派閥があるお店に入ってしまったら、「どうしたら仲良くなれるか」を考えるのではなく「どうしたら働きやすくなるか」を考え、ビジネスライクに徹しましょう。

また派閥は時には良い競争心となり有効に働く事もありますので、時と場合を考えうまく活用できるようになると良いですね!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加