2016.10.07
HowTo

「みんなどこ行く!?」同伴、アフターでキャバ嬢に人気のお店は何屋さん?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HowTo HowTo

同伴、アフターとはお客様と会って食事や買い物など「店外で一緒に過ごす事」を指し、行く場所やお店はお客様が決めてくれたり、自分の行きたい所をリクエストしたりと様々です。

そこで今回は同伴やアフターでどんな事をしているのか、またどんなお店が人気なのかをまとめました。

同伴人気はやはり食事

Branson Missouri
同伴はやはり出勤前という事もあり「同伴=食事」という形が定番化している程、殆どの子達がお客様と一緒に食事をしてから同伴出勤しています。

また、キャバ嬢から食事に誘った場合に「食事=同伴」という方程式が何も言わずとも出来上がっている慣れたお客様は、キャバ嬢にとって嬉しい限りでとても好まれる傾向にあります。

キャバ嬢に人気の食べ物、お店

PPS_aburisa-mon_TP_V
キャバ嬢に聞いてみると、「同伴で食べるご飯がその日の初めての食事」という子が大勢います。
中には「お客さんと食べに行く時ぐらいしか食事をしない」という子もいるほど過酷なダイエットもメジャーな業界なので、そのような経緯もあり「せっかく食べに行くのだから・・」と同伴ではちょっと良いお店が喜ばれます。

魚よりはお肉が人気で、最近では落ち着いた鉄板焼き屋さんなどお洒落な雰囲気のお店もたくさんあり、リクエストすることが多いようです。

中でも定番はお寿司で、お任せにしてもらうと握りだけでなく旬の食材を使った小料理なども楽しむ事が出来、意外と高いお寿司のカロリーを気にせずに楽しんで食事をする事ができると人気です。

他にはイタリアンや、中々自分では行かない割烹(かっぽう)なども人気です。
そしてどのお店も歩いてすぐ出勤できるように自分のお店の近くである事が多いです。

「究極の同伴」が実は理想!?

美味しい食事はもちろん嬉しく、感謝もしていますがキャバ嬢の本音的には「店前同伴」が一番嬉しいのだとか・・!

ご飯を食べる分の時間が無いのでゆっくりと出勤準備が出来る上に、店前で合流して「同伴出勤」としてくれる為店側から同伴バックが入り、キャバ嬢にとっては良い事ずくめという事です。

※誰でもしてくれるという訳ではありませんので、お願いするのは関係性が築けているお客様のみにしましょう。

アフターで人気の行先

油甲桂@油甲桂

お店の営業終わりに行く「アフター」ですが、人気なものは2通りに分かれる傾向にありました。

送りの時間までにさっと行けるもの

こちらは1対1の場合に多く、お店の近くのバーや最近多い夜カフェで「送りの時間まで」とあらかじめ約束して行くキャバ嬢が多いです。

1対1だとやはり多少の心配はあり、お酒も入っている為初めに時間を決めて送りの車の時間に合わせてもらうという方法が一番安全と言えるでしょう。

そして、意外と多いのがラーメン屋さんです。
女の子1人だと中々入りにくいという事と、お客様の締めのラーメンにも丁度良いという事でラーメン屋さんが人気です。ラーメン屋 さんなら甘い雰囲気になる事がなく不安感が無い為、行ってもいいかなと思うキャバ嬢が多いのだそうです。

ゆっくりと大人数で楽しめる所

Joel Devereux@Joel Devereux

こちらはキャストとお客様が複数人で行く場合で、居酒屋、ダーツバー、カラオケなどが人気です。
人数もそれなりに居る為、お店は静かな落ち着いた所より皆でワイワイ楽しめる所が多い印象です。

歌舞伎町だと少し歩いた先にある新宿2丁目も人気です。
オカマバーやゲイバーはトークが上手い人が多くみんなで楽しめる為、好きなキャバ嬢が結構多いんです!
※自分が喋らなくても勝手に盛り上げて楽しませてくれるから楽で好き、という声もよく聞きますが内緒です。笑

カラオケは自分のお店 に設置されている場合も多いですが、働いている時はあくまで「お客様の歌いたい曲」や、お客様の好みに合わせたものになります。

中途半端にデュエットをしてしまったりして「もっと自分の好きな歌を歌いたい!」と思ってしまう子が多く、アフターでカラオケに行く子が多いのだそうです。

まとめ

やはり同伴では圧倒的に食事に行くことが多く、自分では中々行けないような少し良いお店が人気という事が分かりました。
しかし中には3日連続お寿司で飽きてしまったという子もいて、レパートリーが比較的少ない印象も受けます。
変わり種としたお店をいくつか覚えておくと良いでしょう。

アフターでは基本的に1対1ではあまり長時間居ないという子が多く、皆で一緒に行く際には盛り上がれる場所で長時間になる事が多いようです。

どちらにせよ同伴もアフターもお店の外で、守ってくれるスタッフやボーイが居ない為 、くれぐれも自分の事は自己責任としてきっちり守り、楽しく同伴・アフターをしていきましょう!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加