2017.03.14
HowTo

《パパ》と《パトロン》の違いとは?ゲットしてセレブ生活を送る方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HowTo HowTo

「パトロン」という言葉を聞いた事がありますか?

パトロンと言う存在は、後援者、支援者を指し、必ずしも金銭面での援助とは限らないようですが、水商売の世界になると、圧倒的に金銭面を支援してくれるケースが多いようです。

また、最近増えてきている存在が「パパ」と呼ばれる存在です。

「パパ」も金銭面での援助が主になりますが、「パトロン」とは多少違った見解を持っている場合が多く、今回はその違いや、なってもらうためのポイント、注意点についてまとめていきたいと思います。

パパとパトロンは何が違うの?

CRI_IMG_6004_TP_V

①身体の関係の有無のイメージ

「パパとパトロンの違い」として最も分かりやすい違いが、「身体の関係があるかないかのイメージ」の違いです。

「パトロン=愛人」というイメージが強くあり、パトロンと言うと、大抵の場合必ず身体の関係があると思われます。

一方「パパ」はというと、身体の関係は待たずに「ご飯を一緒に食べるパパ」や「一緒に買い物やデートをするパパ」など、契約をする際にルールや決まりを細かく決める事が多く、肉体関係は無いイメージです。

しかし、「パパ」だからと言って必ず身体の関係がないという訳ではなく、「身体の関係を持っていない人達が多い」というだけで、実際は身体の関係がある場合も勿論あります。

「パパ」と言うと、パトロンよりも軽くお小遣いを貰える存在で、手軽な雰囲気を感じられ、「パパ」と呼ぶケースが多いのだそうです。

②契約をする人数の違い

これは女性がパパやパトロンと呼ばれる男性と契約をする人数を指します。

「パパ」は比較的、軽い条件である場合が多い為、一人で複数の男性と契約をする場合もあります。

一度の金額は少額でも複数人から貰う事によって月に何十万も稼いでいる人もいるのだそうです。

また、パトロンは、パパよりも社会的地位やお金を持っている人が多く、ひと月に高額な金額を提示し1人だけと関係を持つケースが多いです。

パパやパトロンになってもらうには

LGEPR©LGEPR

ただやみくもにパパやパトロンになってくれる人を探してもすぐには現れません。

支援してあげたいと思ってもらえるよう、自分自身から変わっていくべきです。

①目標があり、頑張っている

パパ、パトロンになってくれる人は頑張っている人を応援してあげたい、助けてあげたいといったような擁護欲求が強く、それらを満たしてくれる相手と一緒に居る事を好みます。

その為、何を始めるにしても必ず目標を決め、自分らしく頑張る事を心がけましょう。

②謙虚な姿勢を忘れない

年齢的にも社会的にも大人な相手が殆どの為、何事にも謙虚でいましょう。

お礼は勿論忘れないようにし、今後も応援してあげたいなと思ってもらえるようにしましょう。

③素直で可愛げを持つ

可愛げのある女性は守ってあげたいと思われやすいです。

嘘をついたり、否定的な態度を取っていては、人は離れていくばかりです。

他人のアドバイスを素直に聞けるよう、心にゆとりを持つようにすると良いでしょう。

金銭が絡んだトラブルにならない為に出来る事

lgf01c201501010800
多くのパパ、パトロンが主に金銭面を支援してくれています。

そこで不安になってくる事は、お金が絡んだトラブルです。

パパやパトロンの契約は、法律上ではもちろん無効で、もしトラブルが起こっても訴える事が出来ない為、注意が必要です。

そこでパパ、パトロンと契約をする上で注意するべき事を2つ紹介します。

①明確なルールを直接会って決める

契約する上での決まり事は、極力直接会って決めるようにしましょう。

身体の関係を持つのか持たないのかも、言い出しにくいかもしれませんがしっかり明確にしておくと安心です。

男性側と女性側で異なった認識をしていた場合、トラブルに発展しかねません。

②相場を知っておく

余りにも割に合わない条件もトラブルの元です。

ある程度の相場を予め知っておき、大幅に超える事の無いようにしましょう。

まとめ

gf01a201503180800

パパとパトロン、多少の違いはあるものの、どちらも「貴方の事を応援してくれる人」という事には変わりありません。

もしそのような相手が欲しいのであれば、謙虚に素直に頑張る姿を見せる事で「応援したい」と言ってくれる人が現れるかもしれません。

くれぐれもその時はトラブルにならないよう、しっかり注意と敬意を払って良好な関係を築いて行ってくださいね!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加