2017.01.02
お店の選び方

「求人は時給と立地!」キャバクラで働くなら近所?繁華街?メリットデメリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お店の選び方 お店の選び方

一般的にキャバクラで働く際に重視するポイントを大きく2つに分けると「立地」と「待遇」が挙がります。

その中でも「立地」は一番初めに考える人が多く、働きたい地域を決めてから待遇の良いお店を探していくという流れでお店探しをするパターンが一般的です。

場所を決める上での条件や希望は人それぞれ違う為一概には言えませんが、多くの方が学校や職場、家の近所、乗換で使っている駅など、何かしら関わりがある場所や通いやすい場所にする傾向があります。

また、中には「憧れのお店があり、遠いけど頑張って通っている」という方や、「やっぱり時給が良いから」と郊外から都内まで通っている方達もいます。

働く以上、少しでも効率良く条件の良いお店で働きたいものです。

今回はそれらを考えた際に、近所で働く場合と繁華街で働く場合、どちらがメリットが多く効率良く稼ぐ事が出来るのかを比較 してみました。

家の近所や学校、職場の近くで働く場合

halfrain

近所で働くメリット

・通いやすい
→通学や通勤で定期を作っている方が多い為、定期圏内だと余計な交通費がかからない

・街の雰囲気や客層が分かる
→住んでいる地域であれば勿論、仕事、学校で何度も通っている街であれば、雰囲気や大まかな客層も把握する事が出来、何も知らない街に比べて不安要素が少ない。

・自分の時間が増える
→出勤に要する時間が少なくて済む為、出勤前、仕事終わりの自分の時間を増やす事が出来る。

・働きやすいお店が多い
繁華街のように大型店舗が多くなく、地域密着型のアットホームなお店が多い為、派閥や面倒な事がなく働きやすい。

近所で働くデメリット

・時給はそれほど高くない
→時給が高くない為、雑費や厚生費などで引かれる額をしっかり把握しないと、手取り分が納得できる金額に行かなくなってしまう可能性がある。

・プライベートでお客様 と遭遇
→地元のお客様が多い為、休みの日に外でバッタリ会ってしまってお互い気まずい思いをする事になる可能性がある。

六本木や歌舞伎町など、都内の繁華街で働く場合

-shared-img-thumb-dftyguhijoohugyf_TP_V3

繁華街で働くメリット

・時給が高い
→時給1万円以上で働くキャバ嬢もいるほど、頑張れば頑張った分だけしっかりと給料が付いてくる環境が多い傾向にある。
また、平均的に見ても郊外に比べ時給は高め設定。

・著名人に会える
→六本木を始めとした都内繁華街のキャバクラは著名人や会社の社長など、普段では会えない方にも会える可能性が広がる。

・有名店で働ける
→キャバ嬢でなくとも知っているような有名店が多くあり、そこで働いている事で自信にも繋がる。

繁華街で働くデメリット

・家から遠い
→近くに住む事が出来れば一番良いが、六本木や銀座など繁華街付近となると高級住宅が立ち並ぶエリアとなり難しい為、少々離れた場所から通わざるを得ない。
帰宅時の送りの際に他の女の子もまとめて車に乗る事が多く、各々の家に回っていく為、自分の家に着くまでに時間がかかってしまう事が多い。

・副業にはあまり向かない
→競争率の高い繁華街ではキャバ嬢を本業としている場合が多く、副業キャバ嬢はいない事もないが、割合的に見ると少なめ。
レギュラー週6出勤が当たり前の事が多く、副業として働くとなると厳しい場合がある。

まとめ

iuhgyftdrsedrftgy_TP_V
どちらにしてもメリットデメリットは必ずありますが、繁華街の有名店となると本業としてキャバ嬢で働いていなければ少々厳しめな印象を受けました。

一方で、あまりにも自宅から近い場所で働くと、知り合いがお客様として来店する事や、オフの日にお客様と近所で会ってしまう可能性も大いにあり得ます。

結果としては、本業として頑張るのであれば繁華街でもどんどん頑張るべきですが、そうでないのなら(副業など、掛け持ちとしてキャバをするのであれば)自分の家の最寄り駅から一番近くの栄えている駅がお勧めです。

休みの日にお客様と会ってしまう事を回避する為にも、最寄駅は出来るだけ避け、且つ多少栄えている駅で時給面をカバーする事が出来れば、効率よく働く事が出来るのではないでしょうか。
是非お店を探す際の参考にしてみて下さいね。

地域別のキャバクラの特徴はこちらの記事からチェック♪↓
◎こんなに違うの!?地域別!キャバクラ店舗とキャバ嬢の特徴

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加