2017.09.20
お店の選び方

騙し広告のピンサロに注意!ガールズバーで働く上手なお店の選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お店の選び方 お店の選び方
©︎Dũng Phạm

ナイトワークにも様々なお店がありますが、ガールズバーを選択する女の子たちに共通している事は、「キャバクラのようにお客様の隣に座る事に少し抵抗がある」といった事であると言えます。

しかし、カウンター越しでの接客を希望しガールズバーで働く子が多い中、ガールズバーと謳っているが店内にはテーブル席、ソファ席があり、お客様と一緒に同席接客する事があるお店も実は一定数存在しています。

ガールズバー全ての店舗がカウンター越しの接客とは限らない為、働く前にしっかりと確認する必要があります。

そこで今回はしっかりと自分に合ったガールズバーで働く為のお店選びの方法や、求人の見るポイント、ガールズバーのお給料についてなどを紹介していきたいと思います。

キャバクラとガールズバーの違いとは?

©︎mikeownby

接客方法の違いとは

キャバクラとガールズバーの一番の違いは接客方法であると言えます。

キャバクラ:お客様の隣に座って接客する
ガールズバー:カウンター越しでの対面接客をする

すぐ隣にお客様が居り、触れられる距離で接客を行うキャバクラと、カウンターを挟んでいる為身体的な接触は殆ど起こらないガールズバーではガールズバーの方が安心し働けるという女の子も多くいます。

客層の違いとは

次いでお店に来店される客層の違いです。

キャバクラ:友達同士もいるが、仕事の接待やビジネス関係で利用するお客様が多い
ガールズバー:友達同士の来店が多く、仕事関係の方もいるが比較的気を許している相手と利用する方が多い

キャバクラでは言葉遣いや態度を重要視するケースが多く、ガールズバーは比較的フランクなお客様が多い傾向にあります。

気になる!ガールズバーの給料の内訳とは?

©︎acworks

ガールズバーの基本情報はこちらの記事からチェックしよう♪

ガールズバーの給料内訳の例

■A店
時給2,000円 ドリンクバック1杯150円 厚生費10%控除 送り一律500円 ヘアメ500円

2,000円×5時間 ドリンク6杯の場合 

10,000円+900円-送り500円-ヘアメ500円=8,100円

そこから厚生費として10%引かれる為、8,100-10%=7,290円が1日のお給料となります。

■B店
時給1,600円 ドリンクバック1杯200円 控除無し

1,600円×5時間+ドリンク6杯1,200円=9,200円が1日分のお給料です。

このように時給が低くてもバック金額が高く控除されるものが少なければ時給が高いお店よりも稼ぐことが可能です。

さらに指名、同伴、キャッチ歩合など加算されるものが多い程頑張った分だけお給料に反映される為、モチベーション向上にも繋がります。

気にるお店があったら体入をしよう

©︎David Photo Studio

求人を見て気になったお店があれば、先ずは体入をしてお店の雰囲気を確認しましょう。

《体入時に確認するポイント》

  • お店の雰囲気・・女の子のカラーや雰囲気は自分に合っていそうかどうか
  • 客層・・どのようなお客様が多く来店されるのか
  • バックの種類、金額・・バック対象の種類はどのくらいあり、金額はどの程度なのか
  • 控除・・控除されるものの種類と金額はどの程度か

騙し広告のピンサロに注意しよう!

©︎David Photo Studio

「騙し広告」と言い、求人情報ではガールズバーを装っているが、実際に面接に行くとピンサロであるという事が実は比較的多く存在します。

そのようなお店の特徴としては「時給が異様に高い」という事です。

上記でお伝えしたガールズバー平均時給1,800円に対し、騙し広告では時給4,000円などとキャバクラの様な高時給を推しています。

少しでも効率よく稼ぎたい女の子たちが騙されて体入し、断り切れずに入店してしまうという事もあります。

先ず、ガールズバーにしては高すぎる求人を見つけたら、必ずネットでお店の名前を検索し実在するのかどうかを確認しましょう。

また、店内写真があるかどうかも騙し広告の見極めになる為、チェックしましょう。

写真が一切なく、イラストなどの場合は危ないと思って問題ありません。

騙し広告でもキッパリ断れば帰れる!勇気を出して断ろう

もし面接に行ったお店が実はピンサロだった場合、面接をしたら確実に体入を勧められます。

ですが、体入をしなければいけないという事は無く、しっかりと断れば帰る事ができます。

話していて少しでも不審に思う事があれば、後回しにせずにその都度確認する事を心がけましょう。

最後で聞こうと思っていると、巧みな話術でタイミングを掴めずに流れに乗せられてしまいます。

例)日払い全額今日だけで数万円稼げるよ!
  お客さんは若くて格好良い人が多いよ!(お店が用意したサクラの可能性大)

面接に行く前に先ずはネットやSNS(しっかりしたお店は頻繁に更新をしています)の確認を怠らないようにし、騙し広告に引っかかる事の無いように注意しましょう。

まとめ

多くの求人があるガールズバーですが、時給の相場をしっかり把握しお店探しをする事が、良いお店を見つける為の近道と言えます。

あまりにも高すぎる時給を提示しているお店は怪しい事が殆どの為注意が必要です。

求人の情報を鵜呑みにせずにネットに写真は掲載されているか、お店は実在するのかしっかりと確認する事を忘れないようにしましょう。

良いお店に巡り合えるよう、是非参考にしてみて下さいね!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加