2016.06.27
お店の選び方

合わない場合すぐに辞められる?長く続けられるお店を選ぶポイント6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お店の選び方 お店の選び方

初めてのキャバクラ勤務や働いていたお店を変えた時など、入ってみたら思っていた雰囲気と違ったり、客層が苦手でうまく接客できない事などがよくあります。

せっかく入れたのにすぐ辞めたい!となってしまわないよう、必ず体験入店をしてお店の雰囲気を確かめておきましょう!

体験入店で自分に合うお店かを見極めるポイント6選

本入(本入店)してすぐに辞めたいと伝えても、「今月いっぱい」や「来月いっぱい」というお店が多く、中にはなかなか辞めさせてもらえないという話もキャバクラ業界では頻繁に耳にします。

そのような事態に陥らない為にも、本入してしまう前に、まずお店についてよく見極める事が大切です。

①保証時給・保証期間について

-shared-img-thumb-UNI16040516IMG_0017_TP_V3

保証時給とは

キャバクラは本来、指名の本数や売上げなどによって時給が変動するシステムです。
保証時給とは、新人は最初から指名や売上げをあげる事は難しい為「指名がなくても、○千円は時給を保証します」という制度です。

基本は面接時に説明がありますが、もしなかった場合には勇気を持って自分から聞きましょう。

平均4000円程の保証時給が多いですが、入れるシフトや容姿などによって変動する為、入店時のシフトは面接の時点でしっかり説明できるように予定を確認しておきましょう。

シフトは曜日固定できる方が良い事があります!
 →決まった曜日にいるとなるとお店側も扱いやすく、かつお客様も「水曜日は◎◎ちゃんがいる日だから、今日は行くつもりなかったけど行っちゃおう!」など、指名も入りやすくなります。

保証期間とは

上記の「保証時給」でいられる期間の事を指します。
「保証期間のうちに指名をとって、期間が終わったら自分の力で時給を上げられるようになってね」という、いわばお店からの先行投資です。

保証期間はおよそ3ヶ月が平均ですが、1ヶ月や半年、もっと長いところもある為、期間と時給は必ず確認しましょう。

②保証期間後の時給について

PPG_anteli-kunatokei_TP_V
例えば、保証期間後の自分の指名が0本だった場合、

  • すぐ最低時給へ落ちるのか
  • 1段階ずつ時給が下がっていくのか
  • 査定で保証見直しとなるのか など

お店によって様々ですので、保証期間後の待遇についても必ず確認しましょう。

③ノルマ、ペナルティの有無と内容について

お店によって、ノルマ・ペナルティの有無や内容も様々です。
多くのお店で取り入れている代表的なものをあげますので、参考にしてください。

  • 同伴ノルマ
  • 本指ノルマ
  • 売上ノルマ
  • ノルマ未達成ペナルティ
  • 遅刻ペナルティ
  • 当日欠勤ペナルティ
  • 無断欠勤ペナルティ など

その他のノルマの有無や内容も最初に細かく確認しておきましょう。

④来店されるお客様のタイプ

様々な年齢層のお客様が来店されるキャバクラですが、その地域やお店によってなんとなく客層は違います。

  • 若い方が多く来店されるお店
  • 年配の方の方が多く来店されるお店
  • 特定の嗜好のある方が多く来店されるお店(コスプレキャバなど)

自分の得意な年代などがあるかと思いますが、その年齢層のお客様がどのくらい来店されるのかなど、何日か体験入店をしてみて判断するのが得策です。

⑤集客率はどのくらいあるのか

PAK160219170I9A0088_TP_V
キャバクラで一番大事なのはフリーのお客様の集客率です。
フリーのお客様に着く機会が多ければその分指名獲得の可能性が広がりますので、目視で良いので、指名で来ているお客様の数とフリーで来ているお客様の数はしっかりと確認しましょう。

わからない場合はバックグラウンドに入る際に、会話の中で勤務しているキャバ嬢にそれとなく聞いてみるのも良いでしょう。

⑥お金に関してルーズではないか

お金に関してきっちりしていないお店は、辞める時などに何かと理由をつけて給料未払いや罰金を請求してきたりとする所もあるようなので、お金にルーズなお店は避けるようにしましょう。

  • 給料日が遅れたりする
  • 給料面に関して質問の答えが曖昧 など

給料日の遅れなどは勤務しているキャバ嬢に聞いてみましょう。

これから働く上で大切になってくる事ですので、上記ポイントは体験入店の際にしっかり見極めておきましょう!

それでも、「体入の時には分からなかったけれど、いざ本入したら全然話と違っていた!」という事もあるかもしれません。

上記の様に、給料未払いや罰金請求なども普通にある世界の為、条件を出されてなかなか辞めさせてもらえず、飛んでいなくなるキャバ嬢がとても多いのも事実です。

ですが、きちんと事情を話せば理解してくれるお店が大半ですので、嫌な思いをしない為にもしっかりと前もってお店に自分の気持ちを伝える様にしましょう。

お店には前もって伝える!流されて曖昧にさせない!

36p4828670x445
お店を辞めたくなってしまったら、少なくとも1か月前までにはお店に伝えましょう
普通のアルバイトなどと同じ感覚です。

急すぎるとお店も困ってしまいますので、「今月いっぱいで~」くらいであれば受け入れてもらえる可能性は高いでしょう。

ただ、指名を多く取っていたり、売上げにたくさん貢献するレベルのキャバ嬢となると、お店としては辞めて欲しくはありませんので、「会議で話し合ってみるね~」や「もう少し待ってて」など曖昧にされたり、引き留められる事もあります。

そのままズルズルと引き延ばしてしまい、結局辞めれなかった!という事にならないよう、しっかりと話し合い、期間を決めてもらうようにしましょう。

まとめ

辞めたい時に揉めてしまったり、ズルズルと辞められなくて困ったという事にならないよう、体験入店時にポイントをしっかりと見極める事が何よりも大切です。

中でも一番の見極めポイントは「質問した事にしっかり答えてくれるかどうか」です。
やましい事がなくしっかりと経営しているお店は、必ず明快に答えてくれます。

気持ちよく楽しく働けるよう、様々なポイントに注目して自分に合うお店を見つけましょう!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加