2017.05.15
覚えておくといいアレコレ

「出勤ダルすぎ…」どんなキャバ嬢でも訪れる!《出勤したくない時》にできる対処法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
覚えておくといいアレコレ 覚えておくといいアレコレ
©︎Kim Fong Ho

キャバクラの仕事をしていると、どうしても出勤したくないと思う時がありますよね。

ナンバーワンだろうがお茶引きの女の子だろうが、その気持ちは誰でも平等に持っています。

でも、キャバクラには当日欠勤で罰金などオリジナルの制度があるのも事実。

休みたいけど、罰金は嫌だ…そんな感情の間で日々憂鬱になっている女の子のために、今回は出勤したくない時にできる対処法を紹介いていきます。

少しでもあなたのキャバライフが楽しいものになるヒントになりますように。

※今回もるかさんに経験上役に立った行きたくない時の対処法を教えてもらいました!

◎るかさんのプロフィール
①当時の年齢 21歳
②当時の時給と月給
 時給は2500円スタートで、売上によって時給変動がありました。
 3500円くらいまで上がったかなと思います。
 月収はおよそ20万~40万の間です。週2~週3程度の勤務でした。
③働いていたお店のエリア 所沢、秋葉原
 またガールズバーではありますが中野での勤務経験もあります。
③キャバクラで働こうと思った動機
 友人の誘いと、田舎から上京してきたので漠然とキレイな都会の世界に憧れていました。

出勤したくない時にできる対処法とは

©︎porsche_chen2009

対処法①お金になる!と割り切る

キャバクラで働くのは何のためですか?きっと多くの女の子が「お金のため」と答えますよね。

キャバクラにおいてその動機は何よりも大切なこと。

どんなきれいごとよりも、お金が人の気持ちや時間を動かすものだというルールがあります。

出勤したくないと思った時、すぐさまお金になると考えてみてください。

あなたの日給はどのくらいですか?きっと1万円を余裕で超えますよね。

普通のバイトをしていたら手に入らない金額、一時の「出勤したくない」という感情で、0円にしてしまうのはあまりにも勿体ないと思いませんか?

毎月の生活費、欲しいものを買うためのお金を常に頭の中にメモしておいてください。

欲しいものの為なら、お金の為なら、「出勤しよう!」と気持ちが沸いてくるはず。

対処法②仲良しのキャストと話すため!と思う

©︎Mike Monaghan

おすすめしたいのは、仲良しのキャストを作っておくこと。
キャバクラの友達と言っても良いかもしれません。

実際にわたしも、仲良しのキャストとシフトを合わせて出勤するなど、楽しくなる工夫をしていました。

お客さんは面倒だけど、お酒ももう飲みたくないけど、友達には会いたい!話したい!というあの感覚です。

同じキャバクラの仕事をしているから、夜の事も何でも話せるし、ちょっと性格の悪い意見だってズバズバ言い合える、不思議な関係になれますよ。

時には仕事のパートナーとして、同じテーブルで息のあった接客をすることもできます。

店長やボーイも仲良しのキャスト同士は、同じテーブルにつけやすいので必然的に楽しくなっていくはず。
楽しくなれば、出勤したくないと思うことも減っていきますよ。

対処法③「行ってしまえば楽しい!」と思い出す

©︎ Vive la Palestina.jpg

キャバ嬢の最大の特徴と言えば、接客中常に笑っていること。

笑顔を絶やさず、駆け引きをすることがキャバ嬢のお仕事のうちの1つ。

実は楽しくなくても笑顔でいれば、人間の中で幸せ成分がどんどん溢れてくるんです。

だからきっと他の仕事よりも、楽しくなりやすいお仕事だと思いませんか?

私はどんなお客さんでも「お話しして笑えば楽しい!」と思う様にしていました。

ここじゃなきゃ出会えない人たち、他の仕事をしていたらできなかった経験。

そんな風にポジティブにとらえる癖をつけていれば、出勤したくないと思った時にも「まあ、行ってしまえば楽しいこともあるかな」と思えるようになるんです。

対処法④お気に入りのドレスやアクセを楽しむ

©︎pony3295

キャバ嬢の特徴として、普段は着ることのないようなドレスや派手なアクセサリーをつけることができます。

そういった煌びやかな世界に憧れて、キャバ嬢になった人も多いのではないでしょうか?

出勤したくないな、と思った時にはお気に入りのドレスやアクセを着ましょう。

お気に入りのドレスは、やっぱりいろんな人に見て、褒めてほしいもの。

だからこそ、出勤したくない!と思う日のためのお気に入りドレスを購入しておきましょう。

自分のために、自分に一番似合うドレスを着ていれば、気分も自然とのってくるはず。

まとめ

出勤したくないときって、行くまでが面倒ですよね。
準備をして、朝礼をして、指名を待つ。

あのだらけた瞬間が憂鬱な人も多いかもしれません。

でも、一度お店に足を踏み入れてしまえば帰る道はとざされて、あなたはプロのキャバ嬢としてお客様を楽しませる。

一緒に楽しむ!と気持ちが自然と切り替わりますよ。

辛い日もたくさんあるかと思いますが、必ず自分に返って来ます。
今日も笑顔で頑張ってくださいね!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加