2017.08.09
覚えておくといいアレコレ

キャバ嬢にオススメ【8時間ダイエット!】夜型のライフスタイルに合わせて無理せず健康的に痩せよう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
覚えておくといいアレコレ 覚えておくといいアレコレ
©︎YangChen(TW)

数あるダイエット法のうち、キャバ嬢や夜の世界の方々が多く実践しているダイエット方法があります。

今回紹介するのは「8時間ダイエット」と呼ばれるもので夜型のライフスタイルでも無理をせずに行えると非常に好評なダイエット方法です。

そこで今回は、「8時間ダイエット」の正しい取り入れ方、方法と、夜の世界の方々に支持される理由などをまとめていきたいと思います。

8時間ダイエットの方法とは

©︎MattysFlicks

8時間ダイエットとは、「1日のうち8時間の間だけ好きな物を食べて良い」というダイエット方法です。

禁止の食べ物、飲み物など細かすぎるルールがない為、取り入れやすい事が特徴です。

※あまりにも高カロリーな食べ物はもちろんNGです。あくまでダイエット中であるということは忘れないようにしましょう。

【8時間ダイエットの基本方法】

①全ての食事を8時間以内に済ませる

8時間ダイエットでは、1日24時間中8時間のみ食事をとることができます。
例)朝食9時の場合、夕方17時までに夕食を終える。
  朝食を抜き、初めての食事を12時に食べた場合は、夜20時までに全ての食事を済ます。

②積極的に水分を取る

水分は積極的に取った方が良く、食事ができる8時間以外の時間も水かお茶であれば飲んでOKです。

※コーヒーもブラックコーヒーであれば可(カフェインは脂肪分解促進、リラックス効果もある為、適宜摂取すると良いでしょう)

③毎日の8時間を一定にするよう意識する

食事をとる8時間を毎日できるだけ一定の時間に定める様にする事で、体のリズムを作り安定させることができます。

④食べ過ぎに注意する

厳しい食事制限はありませんが、トータルの摂取カロリーを増やさないよう気を付けることが大切です。
(1日の基礎代謝が〔体重×30〕とされている為、摂取カロリーの目安にして頂くと分かりやすいでしょう。)

8時間ダイエットのメリットデメリットまとめ

©︎YangChen(TW)

【8時間ダイエットのメリットとは】

①便秘解消

→食事をとらない時間が16時間ある為、その間消化器官を休ませる事が出来ます。

 休む事で体内の消化器官が正常に働き、健康的な身体へと近づき目覚めもスムーズになると言われています。

②快眠効果

→早い時間に食事を済ませる事で就寝時間までに食事をしっかりと消化する事が出来る為、深い睡眠をとりやすい環境と言えます。

③体質改善(痩せ体質へ)

→食事をとらない16時間はプチ断食をしている状態になる為、消化に使っていたエネルギーを代謝にそそぐ事が出来、代謝UPに繋がります。

また、脂肪の蓄積が減少する為、内臓疲労がなくなり痩せやすい体質へ繋がると言われています。

【8時間ダイエットのデメリット(注意点)とは】

①1食当たりのカロリーが増える

→空腹の時間が増える事で、1食当たりのカロリーが増えがちな為、栄養バランスをしっかりと考える必要があります。

②生活習慣によっては実践が難しい

→社会人や朝が早く朝食を採る時間も早い方など、8時間ダイエットでは必然的に食事を採れる時間も早く終わる為、行う事が難しい場合もあります。

【8時間ダイエットがキャバ嬢に人気の理由】

©︎porsche_chen2009

キャバ嬢の生活スタイルとマッチング

最も多い理由として、キャバ嬢や夜の世界の方々の生活習慣が8時間ダイエットと合っているという事が挙げられます。

多くの方がお昼前後に起床し、夕方から夜にかけて出勤というスタイルです。

その為、起床し1食、出勤前に1食(同伴など)、出勤後食事は採らずに就寝すると自然と8時間ダイエットを行う事が出来ます。

気を付ける点としては、仕事終わりに帰宅し、食事を採らないようにする事のみの為、楽に取り入れる事が可能です。

好きな物が食べられる(食事内容の制限がない)

食事の厳しい制限が無い為、時間内であれば食べたいものを食べられる事も人気の大きな理由と言えます。

ダイエット=食事内容の制限というイメージが強いですが、8時間ダイエットであれば制限もなく、少ないストレスで済む為、精神的にも安定した状態で行う事が出来るでしょう。

元々朝食を食べない人に向いている

身体に良くないとされていますが、朝食を食べない(食べられない、または時間的に厳しい)といった方は一定数おり、そういった方にとっては生活スタイルを激変させる必要が無く、向いているダイエット法と言えます。

+αで確実に減量!軽い有酸素運動を取り入れよう

©︎Seven-Studi

代謝をUPさせる事が期待できる8時間ダイエットと、有酸素運動を併用して行う事で効果をより実感する事が出来ます。

【8時間ダイエットに合わせた運動内容】

①徒歩、自転車
 1駅分早く降りて歩くというだけでも続ける事で効果が得られます。

②ウォーキング、ジョギング
 30分以上などと言う決まりはなく、軽く流す程度でもOKです。

③エレベーター禁止
 駅や会社、商業施設など、普段の生活の中でエレベーターには乗らずに全て階段を使用する事を徹底するだけでしっかりとした有酸素運動になります。

④スクワット、腹筋などの筋トレ
 筋肉量が減少すると基礎代謝も落ちてしまう為、軽い筋トレは取り入れるようにしましょう。

まとめ

8時間ダイエットは生活リズムや体内環境を整えながら健康的に痩せる事が出来る方法という事が分かりましたね。

  • 常に何かを口にしていた
  • 夜更かしのお供はお菓子やジュース

など、悪い生活習慣も改善する事が出来る為、ご自身の生活リズムに合う方は是非始めてみてはいかがでしょうか?

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加