2017.01.25
覚えておくといいアレコレ

酔っ払いをうまく乗り切る!酔うと面倒なお客様への賢いキャバ嬢のタイプ別対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
覚えておくといいアレコレ 覚えておくといいアレコレ

キャバクラはお酒を飲みながら女の子と楽しく会話をして頂く場所です。

お酒は気分を高揚させ楽しい気分になる一方で、度が過ぎる量や飲み方をすると悪酔いをしたり記憶が曖昧になってしまうなど、気を付けなくてはならない面もあります。

キャバクラに関しては特有の雰囲気や非日常感からか、ついつい飲み過ぎて酔っぱらってしまうお客様が多くいます。
酔い方は人それぞれですが、酷い場合にはお店やキャバ嬢とトラブルになってしまうというケースも珍しくありません。

「出来る事ならば悪酔いしているお客様には着きたくない」と思う方が多いかと思いますが、キャバ嬢をしている以上、酔っているお客様の相手は必然です。

酔っ払いの相手は神経も体力も使いますが、いざという時に困らないよう、今回はタイプ別の対処法を紹介していきます。

タイプ別~酔っ払い相手の対処法~

lgf01a201401110200

①同じ話リピートタイプ

既に話した事を何度も繰り返すタイプですが、意図的にしている場合と無意識にしている場合の2パターンが考えられます。

意図的の場合

得意のネタやエピソードがあり、その話をすれば盛り上がると自信を持っている為

無意識の場合

話した事を本当に忘れてしまい、印象が強い話を繰り返ししてしまう為(とても嬉しかった事や聞いてほしい事など)

対処法としては、相手のお客様のタイプによりますが、中でも外交的で普段からよく話すお客様に対しては、同じ話を3回程するようになった時点で「それね、3回目だよ~!」などと明るく指摘してみるのがオススメです。

このタイプは酔って怒るタイプではない事が多いので「本当に~?」などと笑い話として受け取ってくれるでしょう。
余裕があれば「大丈夫?水飲みます?」などとこちらのペースに引き込んでいけると尚良いですね!

②過去の武勇伝を語るタイプ

40〜50代に多く見られるのがこちらのタイプですが、実は対応が比較的簡単です。

武勇伝を語りたがる方は基本的に褒めて欲しい、自らの優越感に浸りたいというタイプが多い為、とにかく褒める事に徹すると良いでしょう。

「すごい」「さすが」「尊敬します」などと巧みに言葉を選びながら褒める事で気分良くなって頂けたら、ドリンクをバンバン入れてくれるかもしれません。

(シラフの時よりも酔いが回っている方が気前が良くなり、ドリンクなど女の子に対してのサービスが良くなる傾向にあります。)
上手く対処しつつ売り上げに繋げていきましょう。

③理不尽な説教や言いがかりタイプ

lgf01a201404061700
「面倒だな」と最も感じやすいのがこちらのタイプですね。
そしてこの手のタイプはとにかく話が長い方が多く、また、ターゲットが急に変わる為、いきなり自分に飛び火が来ることもしばしば・・

まともに正論をぶつけても全く意味がありませんので、とにかく愛想笑いをして肯定し続ける事が一番の妥協策と言えます。
否定すると火に油となってしまう為、優しい口調を意識しながら「うん、うん・・」と聞いてあげるようにしましょう。

④お触りタイプ

酔っている事を盾にお触りをしようとしてくるタイプです。
厄介ですが、キャバクラである以上珍しい事ではありませんので対処できるようにしておくと必ず役に立ちますよ。

まず、触ろうとしてくる手を止める事を意識しましょう。
(触ろうとしてくる手→その手にタッチ→そのまま手を繋ぐ)など方法は様々あるかと思いますが、とにかく手を自由にさせないよう、しっかりと繋ぎ止めておく事がポイントです。

酔っている調子でどさくさに紛れて触るというケースが多々ありますが、殆どが確信犯の為、「ダメだよ~!」とはっきりしっかり拒否する事が大切です。

気弱な感じで何も言えない子ほどターゲットにされ、どんどん触ってこようとする為、いつも気を張ってハキハキしている事を心がけると良いでしょう。

まとめ

9G1
楽しい気分のままで帰って頂く為にも、キャバ嬢の酔ったお客様への対応は非常に重要です。

どのタイプの酔っ払いにも共通して言える事が、「酔っている方に対して、厳しい口調で怒ったり指摘したりしてはいけない」という事です。

お酒が入り気が大きくなったお客様に気に障る事を言われたとしても、「酔っているから仕方がない」と心を広く持つ事が大前提となってきます。

メンタル的にも疲れるかとは思いますが、売れているキャバ嬢は酔ったお客様の対応もとても上手な子が多いので、参考にしてみると良いでしょう。

売上と完全に比例してくるという事はありませんが、少なからず影響はしてくるかと思いますので、しっかりと対応出来て損はありません。
あまり感情的にならずに見守る気持ちで対応すると丁度良いかもしれません。

皆が楽しく過ごせる場を提供していきましょう!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加