2016.08.31
覚えておくといいアレコレ

「何着て行こう?」同伴する時のオススメの服装とTPO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
覚えておくといいアレコレ 覚えておくといいアレコレ

普段お店でしか会わないお客様と外へ食事や遊びに行く時、服装で迷った事がある人は多いのではないでしょうか?
普段着で大丈夫!と言いたい所ですが、人それぞれ系統も好みも違う為、一概には言えません。

今回はそんな同伴などの店外でお客様と会う時のオススメの服装や選び方のポイント、気遣いをまとめていきたいと思います。

同伴ファッションのポイント

小智的天空

ヒールの高さに気を配ろう

服よりも先に、どの靴を履いていくかを決めるようにしましょう!
同伴時のヒールの高さは、一緒に行くお客様に合わせて選ぶのがポイントです

お店の中ではドレスやお店の制服に合うような高いヒールを履いていると思いますが、同伴では店外でお客様の隣を歩く事になりますので、お互いの身長を考慮したヒールの高さにすると良いでしょう。
身長の高い男性なら気にしませんが、やはり低い男性は気にされる方が多いと思います。

身長が低めの男性との同伴は5cm以内のヒールにするか、もしくはぺったんこ靴を選ぶと良いでしょう。
最近ではローヒールでも可愛い靴が沢山あり、ぺったんこ靴も流行っていますのでいくつか種類を持ち合わせていると良いかもしれません。
自分にとってもハイヒールより断然楽で、嬉しい限りですね!

普段着にもドレスコードを意識

先ほども書きましたが、普段着は人それぞれ違うものです。
それでも、同伴となればTシャツ+ジーパンで行こうと思う子は少ないと思います。

実はそれが、いわゆる「普段着のドレスコード」です。

「本当にいつも着ている服」ではなく、「同伴用の私服」というイメージで選んでいきましょう

お高いお店に会う服装を

-shared-img-thumb-AI_IMG_7672_TP_V3
決まって高級店という訳ではありませんが、お寿司を始めフレンチや中華と、基本的には「せっかく同伴するのだから美味しいものを」と考えて、高めのお店へ連れて行ってくれるお客様が多いです。

いつ連れて行ってもらっても大丈夫なように、そんなお店にも着ていけるようなカジュアルすぎない服装を意識しましょう。

派手ではなく清楚が無難

やはり一番優秀なのはワンピースです!
同伴は仕事帰りのお客様が多いため、必然的に服装はスーツの方が大半かと思います。
その為、隣を歩く女の子が派手な格好をしていたら、いかにも「キャバ嬢と同伴している」と見られてしまっても仕方がありません。

実際に、夕飯時に繁華街を見渡すとそれらしき二人組が沢山歩いています。
気にしない方は気にしませんが、それが嫌だと思うお客様もいらっしゃいますので、ワンピースや綺麗めなOL系など、仕事帰りのお客様と並んでも不釣り合いにならない服装を心がけると良いでしょう。

最近流行りのガウチョやワイドパンツなどでもデザインによっては綺麗めな物もあり、女性受けがだけが良いと思われがちですが、男性でも好きな人は好きなアイテムなので好みに合わせて着てみるのも良いと思います。

事前に行くお店が分かっている場合

Jack Wu's Photos 吳泊峻
自分が行きたかったお店に連れて行ってもらえる場合や、前もってお店を教えてもらった場合などは、そのお店の雰囲気に合わせると失敗しません!

高級なお店

まず、デニム系はやめましょう。
パンツだけでなく、デニムシャツなどもデニムというだけでラフ過ぎてしまいます。

オフィスでもデニムNGな職場がある程ですので、高級レストランなどではまず避けた方が良いでしょう。

お座敷のあるお店

冬に素足という事はないと思いますが、夏は素足でサンダルなどを履いていることが多いと思います。

テーブルの場合、足はあまり見えないので良いですが、お座敷に上がらないくてはならない場合素足はあまりお行儀が良くない為、ストッキングを履く様に心がけましょう

焼肉やお好み焼きなどの油を使うお店

真っ白な服装や汚れが目立ちそうな服装は避けるのがベターです。

例えるなら、「登山にヒールのある靴で来てしまうような子」や「遊園地にヒラヒラふわふわのマキシスカートを履いてきてしまうような子」のように、明らかに汚れが目立って困るような服装は、TPOを無視してしまっています

そのような子は「気が使えなそう」という印象や、何かしらのマイナスイメージを持たれてしまう危険性が高いと言えるでしょう。
自分のお洒落だけに気が向いてしまい、周りが見えなくなる事のないように注意しましょう。

お客様の好みに寄せる

怕水的青蛙5
同伴するお客様の多くは、お店で何度か話した事のある方が多いと思います。
会話をしながらお客様の好みや褒めてもらったドレスの色などを覚えておき、お客様好みの服を着ていくと喜んでもらえるでしょう

「○○さんに暗い色より明るい色の方が似合うって言われたから着てみたよ~!」と一言コメントを付け加える事もポイントです。

最後に

同伴にも一応暗黙のドレスコードがあるという事を書きましたが、必ずしも清楚なワンピースでなければいないという事ではありません。
「久しぶりに会う親戚のおじさん」程のモチベーションで「ちょっとよそ行き」くらいが丁度良いかもしれませんね!

そしてTPOは大人の女性としての最低限のマナーとして、同伴の時だけでなく普段からしっかり意識することを忘れずにいましょう。
服装も大事ですが、一番大事な事はお客様に楽しんでもらう事です
その為に自分も楽しみながら工夫し、指名や売り上げにどんどん繋げていきましょう!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加