2016.11.02
覚えておくといいアレコレ

「冬の店内が寒い!」露出が多いキャバ嬢に必須の防寒対策まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
覚えておくといいアレコレ 覚えておくといいアレコレ

これからの寒い季節、冷え性に悩まされる方も多いと思います。

日本の女性の7割が冷え性とも言われていますが、さらにキャバ嬢はいくら店内と言ってもドレス1枚で真冬も仕事をしなくてはならず、冷え性が悪化していくという方も少なくありません。

冷え性の辛さを少しでも改善していけるよう、今回は防寒対策を紹介していきます。

女性に冷え性が多い原因

錦織智3
男性でも冷え性の方はいますが圧倒的に女性の割合が高く、原因としては以下が挙げられます。

男性よりも筋肉が少なく脂肪が多い

筋肉は身体の熱を作り出し、血液に乗せて全身に送る働きをしています。
男性と比べて女性は筋肉よりも脂肪の方が付きやすい身体的特徴があり、筋肉量より脂肪の方が多い女性が多いのです。

そして脂肪は暖かいと思われがちですが、一度冷えてしまうと温まるまで時間がかかってしまい、体温の上昇を妨げる原因に繋がります。

上記の事から、身体の構造的に女性は男性と比べ冷えやすい と言われています。

月経がある

月に1度の月経が来ることによって、身体の血液量はどうしても減ってしまいます。
すると身体に運ばれる酸素の量も減ってしまう為、エネルギー不足に陥る場合があります。

エネルギーが不足すると熱を作り出す事が困難になる為、体温が上がりにくくなってしまいます。

過激なダイエットや間違った方法のダイエット

ダイエットにも正しい方法と間違った方法があり、食事制限のみなどの間違った方法を続けていると、身体の熱を作り出す為に必要な栄養素が足りなくなってしまい、低体温の原因になります。

ダイエットはしっかりと下調べをしてから、安全に正しく取り組むようにしましょう。

キャバクラで簡単にできる防寒対策

luckylynda741

着るもので調整

ボレロなどの羽織物がOKなお店は必ず羽織り物を持参しましょう。
肩や二の腕を隠すだけで冷え度が全然違います。

ストッキング着用&靴下用カイロ

ストッキングを履くだけで驚くほど暖く 、足下にカイロを貼る事でつま先の冷えも軽減されます。
オープントゥのサンダルを履けば蒸れたりもしないのでお勧めです。

冬場はスーツやロングドレス

冷え性の為に、冬はスーツドレス着ているという子は結構多いです。
また、ロングドレスであれば足全体を覆うこともでき、暖かさが増します。

ロングドレスの中が見えることはないので、身体のラインが崩れないような薄手のスパッツやモモヒキを着てしまうという子も中にはいます。

自分の体質にあったドレスやスーツを選んで、冬の寒さを乗り切りましょう!

体を冷やすドリンクは避ける

mikeownby
ドリンクにも体を冷やすものと温めるものがあります。

◎体を温めるドリンク
日本酒、赤ワイン、カシス、ブランデー、ウーロン茶

◎体を冷やすドリンク
ビール、ウィスキー、焼酎、緑茶

緑茶ハイを飲むならウーロンハイにしたりと、上記を参考に飲むドリンクも考えてみると良いでしょう。

食べ物で身体の中からポカポカに

lgf01a201311170700
体を温める食べ物を普段から意識して食べる事で、体質から改善する事が可能です。

人参、ゴボウ、玉ねぎ、カボチャ、リンゴなど根菜類、赤や黒などの暖色の野菜や果物がお勧めです。
夏に取れる夏野菜と呼ばれるキュウリやトマト、ナスなどは身体を冷やす食べ物なので食べ過ぎに注意しましょう。

また、生姜やニンニク、香辛料なども身体が温まりる為、味付けや調味料も気にして調理すると尚良いですね。

適度な運動を心がける

Curtis MacNewton
運動不足になると、血液を送るエネルギーが低下し冷え性の原因となる為、積極的に運動をして筋肉を動かしましょう。

キャバ嬢という仕事は席について接客をするのであまり体を動かさず、運動不足の人が多いと思います。

冷え性の人ほど厚着をしたり暖房器具などを利用しているのに対し、冷え性でない人は運動をしたり体を動かしている事が多い傾向にあります。

ウォーキングやラジオ体操など軽い運動でも構いません。
休みの日や早起きした日など、また最近では24時間開いているジムなどもあり、仕事が終わった深夜でも行けます。(体力があればですが)

特にホットヨガは部屋自体が暖く、リラックスできるものからハードな運動までまさざまなクラスがあるのでオススメです。

自分にあった方法を見つけて、運動不足を解消しましょう!

まとめ

お客様の見送りや入り口付近の席など、寒い思いをするところは意外と沢山ありますよね。
寒いのを放っておくと冷えが悪化していく一方の為、羽織物やドレス選びで調整したり、身体を冷やさないドリンクを飲むようにするなど少しずつ意識していきましょう。

また普段の生活でも出来るだけ体を冷やさないよう心がけ、改善していけると良いですね!

Pickup
おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加